gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  イトヒキベラ三種 【イトヒキベラ & イトヒキベラsp & イトヒキベラhybrid】 

イトヒキベラ
IMG_6351.jpg
こちらはただのイトヒキベラ。
婚姻色が出ると体色がメタリックになってギラギラに輝きだします。



イトヒキベラsp
IMG_6346.jpg
腹側が白く体の中心に横帯の入るイトヒキベラ属の一種。
セブにいるブルーストライプ・フラッシャーラスと、この横帯の入り方がよく似ていますが、ヒレや縦筋の入り方など多くの差異が見られます。
この写真は通常色ですが、婚姻色が出ると白さが際立ち、暗色の横帯もよく目立つようになります。


Cirrhilabrus Hybrid (イトヒキベラ × イトヒキベラsp)
IMG_6356.jpg
イトヒキベラと、クロヘリイトヒキベラ近似種と呼ばれている、黄斑のあるイトヒキベラ一種とのハイブリッドと思われます。
イトヒキベラの模様に、黄斑がよく目立っています。
この婚姻色になりかけの状態です。

Cirrhilabrus Hybrid (イトヒキベラ × イトヒキベラsp)
IMG_6354.jpg
こちらは通常色。
ちなみにクロヘリイトヒキベラ近似種とセブにるイエローフランクド・フェアリーラスは似ていますが、個人的には別種だと思っています。



コンデジでベラを撮るのは難しいと思われがちですが、イトヒキベラのなかまはヒレを開いた状態でも体を止めることが多いため意外と撮れるのでぜひコンデジ使いの人も挑戦していただきたい被写体です。



◎  白虎 【ヤイトヤッコ × タテジマヤッコ ?】 

Genicanthus Hybrid (ヤイトヤッコ × タテジマヤッコ ?)
IMG_7294.jpg
最近よく深場に行くのですが、-56mで見たことのない虎柄のキンチャクダイを発見しました。
タテジマヤッコのハーレムに混じって泳いでいたのですが、タテジマヤッコに猛攻撃を食らっていたのでちょっと受け入れられていないような感じでした。



IMG_7290.jpg
ネットで探したところ、ヤイトヤッコ × タテジマヤッコ
https://reefbuilders.com/2011/01/14/hybrid-genicanthus-melanospilos-lamarcki-angelfish-appears-blue-harbor/
これが似てるっちゃあ似ている感じなんですが、正直なところよくわかりません。

どの図鑑を見ても載っていないので、完全なる新種か、ハイブリッドである可能性が高いと思われます。
まあハイブリッドの方がだいぶ有力でしょう。





back to TOP