gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  HDRって面白い 

P10411513.jpg bunbu.jpg
こないだセブに行ったときに話題になったHDR写真。
陸撮だと使われだしてけっこう経ってるけど、
水中写真だと使いどころが難しい上に作業がめんどくさいんで
なかなか出せなかったんだけど、
このぶんぶくんはハマりましたね~。
今狭い世界で一大ブームです。


で、めんどくさいとこ押して色々やってみる。
PC2203183.jpg PC2203181_2_3_4_5_tonemapped2.jpg
これはあんまりいい感じにならないだろうな~、
と思ってたんだけど、意外にもハナギンチャクの透明感が活きて
あたかも発光してるようになりました。
スヌート使ってるから余計なものが写り込まなかったのもよかったのかも。


ワイド写真。
P10727143.jpg P1072714_1_2_3_4_tonemapped.jpg
マクロはあんまりうまくいかないから、
ワイドで試してみたらすんごいいい感じに。
やっぱり被写界深度の深い写真のほうが、
ディティールが残ってるから
細かいところの情報を引き出せるんだろうね。


逆光気味な失敗写真。
P80205383.jpg P80205381_2_3_4_5_tonemapped.jpg
水面はきれいに撮れたのに逆光気味で失敗写真に分類してた一枚。
まあ見事に蘇りました。
陸撮でもHDRは逆光こそが真価を発揮するらしいから、
当然チャ当然の結果だけど、
この一枚が今までで最高の出来。


懲りずにマクロで。
P10725333.jpgP10725331_2_3_4_5_tonemapped.jpg
ボケてる写真はうまくいかないから、
ウミアザミの細かい模様を活かして見ました。
思ったとおり、こういう明るい地色に細かい筋のあるような
被写体はバッチリ決まってくれるようです。


どんな写真が向いてるのかちょっとだけ傾向がわかってきたけど、
マクロのほうでは未だ未知数。
この技法、ちょっと押し上げていきたいな。

◎  HDRカメ 【アオウミガメ】 

P80204311_2_3_4_65_fused.jpg
今日もHDRで写真を復活させちゃおう。
いやーやっぱりええわあ、HDR。
深みが増すよね~。

こっちが元画像。
P80204313.jpg

◎  HDRはワイドが合う 

最近ベニハゼとスズメダイしか載せてなかったし、久々に渡嘉敷のワイド写真です。
今頃渡嘉敷は某迷惑ダイビング団体が詰め掛けて大変なことになってんねやろなあ~。

P80203170_1_2_3_5_tonemapped.jpg

はい、この写真はストロボ一灯で撮ってます。
当ててるのはサッパの群れの反射してるとこだけ。
でも何故か下側の岩場にまで色が出ている?


元の写真はこちら
P80203172.jpg

この写真のRAWデータから、1EV刻みで5枚の写真を起こして、
HDR処理をかましてあります。
マクロで失敗ばっかりだったけど、やっぱりワイドだと活きてくるなあ。
これは癖になるけど、めっちゃめんどくさいねん。

◎  性転換の話2 【ハナビラクマノミ】 

130803_26.jpg
機能の話の結論。

つまるところ、波左間のサクラダイがオス化するのはムリなんじゃないかってことですわ。
今観察できてる群れが3箇所、どこも2~3匹の小さな群れですから。

で、のんべぃさんのコメントにもあった通り、
ハナダイやベラの仲間はメスからオスへ性転換するわけで、
オスの方が絶対数が少なくなります。
これは卵の準備にはある程度の期間が必要だけど、
精子の生産はすぐにでも追いつくと言う生理があるわけで、
メスの数が多いほうが、何度も繁殖ができて効率がいいというわけですね。

では、逆にオスからメスへ性転換するスズメダイのなかまはどうなのか。
上の説で言えば、あれあれ効率悪いじゃないの?
ってことになってしまうのですが、
そこは卵の産み方の違いが関係してきます。

ハナダイやベラは浮遊卵、つまり産んだら産みっぱなし、
あとは野となれ山となれ。
たくさん卵を放たないと、生存できる確率が減ってしまうわけです。

ところがスズメダイのなかまは親が巣の周辺に卵を産んで
孵化するまでつきっきりで保護します。
孵化仔魚の発生率で言えばケタ違いにこちらのほうが有利なわけです。
一度の産卵である程度の生存が維持できるため、
そんなに躍起になって繁殖する必要がないってことですね。


じゃあ人間の俺はどうなんの? って話は勘弁してください。

◎  正統派 【ナカモトイロワケハゼ】 

渡嘉敷の海は、本州の海とは生物層が全然違って、
見慣れている魚といったらクマノミとチョウチョウウオくらい。
見るものみんな珍しく、楽しいったらありゃしません。


130801_02.jpg
こいつも沖縄ならではのハゼ。
ミジンベニハゼと同じような生態だけど、背中に白い筋が入るチャーミーなやつです。
なんだかんだ言って、やっぱこういう定番ものも押さえておきたいよね。

ライティングのみで撮影。
130801_04.jpg
でも・・・あれ?
これってふつうのミジンと見分けつかんやん・・・


back to TOP