gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  各社DCを比べてみた @2017年 

前回アルゴリズムによって各社の傾向を調べてみたところ、ビュールマンモデルを採用するメーカーをピックアップできたので、各社の製品を比較してみたいと思います。

今回ピックアップした製品は

・ビュールマンモデル採用
・MIXガス対応


この2点を満たしたものになっています。
ほいでそれらをなんか色々見繕って使いやすそうなDCに目星をつけとこうという記事です。
何しろTUSAのIQ1201、2つとも死亡したので新しいDCを手に入れにゃならんのです。



  
メーカー TUSA AquaLung S-Pro
機種名 iq1204_wbl.jpg
IQ1204
I450.jpg
i450T
aladintec3g.jpg
Aladin Tec 3G
sproM1.jpg
M1
アルゴリズム
ビュールマン
ZHL-16C改 
ビュールマン
ZHL-16C改
ZHL8 ADT MB ZHL8 ADT MB
ガス切替 4 3 3 3
自己電池交換 ソーラー ×
定価 100,000 115,000 open open
実勢価格 55,000 75,600 63,420 42,000
  



»Readmore
スポンサーサイト

◎  減圧アルゴリズムの観点からDCの選び方を考察してみる 

潜水時間が短いとか、浅いところでしか潜らないという普通の方はデザインで選んで全く問題ないというのが結論。
しかし我々のように『長く潜れるDCが欲しい』という手段のためには目的を選ばないような度し難い者からすると、DC選びで最も重要なファクターは減圧アルゴリズムにあります。



●減圧アルゴリズムとは


減圧アルゴリズム(減圧理論)とは何mに何分滞在したらどれほどの窒素が溜まるのか、またその排出スピードはどれほどのものなのかを計算するための理論になります。
このアルゴリズムを使い、常時変化する圧力と経過時間の計算を行うことでDCはDECOの管理をしてくれるわけです。
このアルゴリズムというのがたった一つではなく様々な種類があり、メーカーにより採用しているアルゴリズムが違うため、全く同じダイビングをしても人によってDECOの出方が違うということが起こります。

深場では厳しいが20m程度の水深ではゆるい、逆に深場はそうでもないが20m程の水深では厳しい、1本目はゆるいが反復潜水を繰り返すたびに加速度的に厳しくなっていく、などアルゴリズムによってDECOの出方は様々で、実際に使ってみないことにはDCの癖というものがわかりづらく、この為新しいDCの購入をためらいがちになってしまいます。

しかし様々なメーカーのDCを見てきたおかげで、各メーカーの採用するアルゴリズムさえわかれば自分の求めるDCを絞り込めるはずです。
というわけで、代表的なメーカーが採用しているアルゴリズムを調べてみました。




●各メーカーの採用するアルゴリズム


各メーカーの代表的なDCをピックアップしてアルゴリズムを調べてみました。
全ての機種を確認したわけではないので、他のアルゴリズムを採用した機種もあるかもしれません。


メーカー アルゴリズム
TUSA ビュールマンZHL-16C改 
AquqLaung ビュールマンZHL-16C改 
B-ism AAビュールマン 16組織
S-Pro ZHL8 ADT MB
SUNTO Suunto RGBM
Mares MARES LAB - RGBM
Cressi CRESSI RGBM
Oceanic Z+・DEST



ビュールマン

TUSA、AquaLaung、そしてB-ismも名称に違いあるだけで全く同じビュールマンの16コンパートメント理論を用いています。
S-Proも名称にこそビュールマンと冠されていませんが、こちらも同じくビュールマンの8コンパートメント理論です。
16コンパートメントとか8コンパートメントというのは、人体の組織を窒素の溶解しやすさによって区分けしたもので、ZHL16が16に区分け、ZHL8がその簡易版で半分の8個に区分けしたものですが、あまり差は出ませんのでほぼ同じ理論と言って良いでしょう。

今まで使用していたTUSA IQ1201、ソーラー最新モデルIQ1204、フォト派ダイバーに絶大な支持を得ていたIQ700等、使い勝手の良いアルゴリズムであるため、ライトダイバーのみならずフォト派ダイバー、ガイドダイバーの要望にも耐えられるでしょう。



RGBM

その下に続くメーカー3つは、RGBMの名称の上にメーカー名を冠しています。
つまりRGBMという減圧理論に各社のさじ加減が加えられている、という形です。

異常に厳しいことで有名なSUUNTOを含むこともあり、こちらはライトダイバー以外の使用には耐えられないでしょう。



Z+・DEST

Oceanicに至っては初耳のアルゴリズムです。
Z+とDESTという2つのアルゴリズムをユーザーが好みで切り替えられるという他にないユニークなメーカーです。
しかしOceanicのDCを使っている方に会ったことがないため、そのアルゴリズムの実際についてはよくわかりません。




●結論


ビュールマンモデルを採用するTUSA、AquaLaung、B-ism、S-pro が我々のようなダイバーには相応しいと思われます。
あとはMIXガスの設定など自分好みの機能を持った機種を探し出すだけです。



◎  TUSA DC Solor IQ1204 レビュー 

iq1204_pc.jpg

ひょんなことから使用する機会ができたため、いいチャンスなのでレビューしてみます。
正直このソーラーシリーズには一切期待を持っていなかったのですが、さてどんな評価が下るのやら・・・・・・

◎  TUSA IQ-1201 TALIS レビュー 

愛用していたS-Proのエクステンダーを壊してしまったので、
新しいダイコンを購入しました。
今日1度目の使用をしたので、使用感をレビューしてみます。


TUSA IQ1201 Talis
IQ1201.jpg
国内開発のソーラー電池モデルIQ-1202に対し、
こちらは米国開発で従来のボタン電池式。
ごめんね、ソーラー電池って基本的に信用してないの。

ちなみに販売希望価格:¥68,000
購入価格:$260



●大きさ・装着感
★★★★☆



S-PROエクステンダークアトロとの比較。

s-PB108336.jpg
s-PB108338.jpg
直径・厚さともにエクステンダーより2周りほど大きいです。
実際腕に巻いてみると思ったよりもすっきりした感じ。
外装パーツにほとんど金属が使われていないので、
重量は思ったほどなくエクステンダーと同じくらいです。

ベルトが非常に柔らかいシリコン製なので、フィット感が非常にいい。
少しきつめに巻いておけばダイビング中にズルズルとずれてしまうこともないので楽。
エクステンダーは硬いウレタンベルトだったので、伸縮性がほとんどなく、きつく巻いておいてもダイビング中に位置がずれたり手首の周りを半周してしまったりしてたのがなくなって、付け心地は抜群です。

この柔らかさが、大きさの割りに邪魔に感じない要因だと思います。
逆に全て樹脂パーツなので、経年劣化によるベルトの破断や本体ケースの歪みなんかがちょっと心配。



●視認性
★★★★☆



画面が大きくて見やすい! ような気がするけど、実際は文字サイズは変わらないので別に特別見やすいってことはないです。
エクステンダーは表示レイアウトが非常にすっきりしていたのでとても視認性が良かったことを再確認。

しかしドット表示ではなくデジタル数字での表示なので、水深やDECOといった重要なものが見やすいのはとても良いです。


●操作性
★☆☆☆☆



とても悪いです・・・・・・。
エアの設定を変えたいなあ、なんて思ったときには
①時刻表示画面から
②MODEボタン長押し
③SELECTボタンとADVボタン同時長押しして・・・・・・
と手順が複雑。

慣れればどうってことないのかも知れないけど、エクステンダーのメニューから目視しながら設定をいじれたのとは大違いでした。
何をするにも『長押し』や『同時押し』が必要なのはどう考えても操作性が悪いと言わざるを得ません。


●アルゴリズム
★★★★★



ビュールマンZHL-16C改

ユルユル・・・・・・
もうアホかってくらいゆるいです。
今までの感覚で行ったら絶対DECOるなって潜り方しても全然オッケー。

悪いガイドご用達のIQ-700ユーザーと一緒に潜ったんですけど、
僕のほうがより長く深く潜っていたはずなのに無限圧潜水時間に余裕がある始末。
なんとけしからんダイコンじゃ! これじゃ俺が解き放たれてしまう。

一応、設定厳しめのコンサバティブモードもあるんだけど、
標高が915mプラスされて計算されるから、今度はガッチガチに厳しくなります。
厳しいことで有名なSUUNTOを上回るくらい・・・・・?



●機能
★★★☆☆



・2ガス設定
2種類のガスをあらかじめ登録して、水中で切り替えることができるうれしい機能。
セブでキチガイダイビングした時必要性を感じた機能です。

・ユーザー電池交換
電池交換はユーザー本人が行うことを前提として、裏蓋開閉の為の工具も付属してます。
ということは、Oリングも末端ユーザーが正規ルートで入手できるということ。
電池寿命1年でも、自力交換できれば全く問題なし。


逆に無駄機能としては、
・DIVEモードに自動移行 ON/OFF(常時ONだろ)
・安全停止カウント ON/OFF(常時ONでしょ)
・ゲージモード(間違えて設定しちゃった時の24時間ロックが痛すぎる)
なんてのがあります。



●その他


実用にはそれほど影響しないけど、不満な点。

・バカすぎる温度センサー
脅威の誤差±3℃。
0.3℃じゃないです。
あと表示は小数点切り上げで整数のみ。
メリケンのこういう大雑把なところが大嫌い。

・平均水深が出ない
出ません。
いらないっちゃいらないけど、初心者でエア消費量が知りたい人は困るかも。
PCに接続すれば出るみたいです。
でも日本ではPC接続キット売ってません。



●総評
☆☆☆☆☆



装着感やアルゴリズム、必要な機能は揃っている点で当初は高評価だったのですが・・・・・・

今現在2つ所有していますが、数えるのも面倒なほどの不具合が多く、信用に値しないDCであるとの結論に至りました。
故障内容としては、潜水中に減圧計算がめちゃくちゃになり潜水時間15分ほどでDECOが8時間程度出るなどの深刻な問題が頻発します。
もちろんそんなDECOは消せないのでロックしたら予備と交換しつつだましだまし使っていましたが2016年12月に同時に故障、修理に約3か月かかりましたが1つは3回目で再発、もう1つも1月持たずに再発とお粗末な状態です。
個体による当たりはずれの線も考えましたが、所有している2つ両方で同じ症状が頻発すること、基盤交換をしてもすぐに再発することから製品自体の欠陥の線が濃厚となりました。

日本では早々にラインナップからはずされましたが、米国などでは未だに販売されています。
この機種に限った話ではなく、同じ基盤を持った他社製品も同様の危険性があるため、似たようなディスプレイを持つ製品には注意が必要です。



◎  ダイコンが死んだ・・・ 

今回のセブで色々あって愛用のS-pro エクステンダーが死にました。
死んだというか、高所潜水マークが消えなくなってしまったので
実用的じゃなくなってしまったというか。
しかも今エクステンダーの修理が完全終了してるので直せないし。
同じ中身使ってるCressiは日本法人死んでるし。
そんなわけで新しいDC買いたいなっと。

気になったのを書き出して整理しておこう。



Cressi Edy 2

¥30,000
S-proエクステンダーと中身一緒。ガワは安っぽいけど。

・アルゴリズム:ビュールマン&ボーラー
・表示に若干の違いがあるけど基本はエクステンダーと同じ

今まで使ってたエクステンダーと同じなので使い勝手が変わらないのが一番。





TUSA IQ1201

¥26,000
何故か日本で未流通モデル。

・アルゴリズム:ビュールマンZHL-16C改
・ガスを2種類まで登録可能
・電池交換可能
・平均水深表示なし

ガスの切り替えができるのが一番のいいところ。
といってもセブでマッドマンに行くときくらいしか必要ないけど。
逆に平均水深が出ないのが悩みどころ。
いらないっちゃいらないんだけども・・・


Sherwood Amphos

¥28,000

・アルゴリズム:DSAT
・ガスを2種類まで登録可能
・電池交換可能

これも2ガス登録ができるけど他の機能がよくわからない。
てか日本で流通してないし。





う~んむ、必要な機能がちゃんとあるのかどうかがDCはわかりにくすぎるんだよなあ。
アルゴリズムなんかは実際使ってみないとどの程度の厳しさなのかもわからないし。
どうしよ、また人柱になるか・・・


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。