gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  変異 【ヒマワリスズメダイyg】 

ヒマワリスズメダイには全身黄色に腹鰭だけ白いType1 と、
体が銀白色で腹鰭が白、他の鰭が黄色のType2がいますが、
両方の幼魚のアクビしとめてきたました。

ヒマワリスズメダイType1 yg
DSC04991.jpg
こっちは日本でよく見られる方。

ヒマワリスズメダイType2 yg
P2149069.jpg
フィリピンタイプとも呼ばれているType2。


実はType1はRX100M2、Type2はxz-2で撮影してます。
見比べてみるとやはりセンサーサーズが大きく画素数も大きいRX100M2の方が
細かいところまで描写されていますね。
まあ、めちゃくちゃに使いづらいんだけど。



※2016年にヒマワリスズメダイtype2はタンポポスズメダイに改められました

◎  青藍の空 【ルソンハイトヒキベラ】 

P1176344b.jpg

最近水面とか水の青さに凝ってます。
スヌートもおざなりな状態。
まあ、それもアリよね。

◎  規格外 【ケラマハナダイ】 

P1135714.jpg
セブ図鑑にケラマハナダイ載ってなかったなあ、と思って行ってきました。
-52m・・・・・・。
なんでケラマ撮るのにそない深いとこ行かなあかんねん。
波左間でも-16mで見られてるのに。
しかも腰据えて撮るために2回も行ってしまった・・・・・・。


P1135722.jpg
けどちゃんとメスも押さえてきました。
やっぱ大事な仕事は自分でやらなきゃーね!

P1125497.jpg
初日に撮ってしまったケラマ・メス。
これはちょっと図鑑に使うには忍びねぇ。


◎  【禁断の愛】 セイテンベラ & オトメハゼ 

P1054596.jpg
たまには生態の話。
ていうか大真面目に生態の話と化するの初めてかもしれません。

さてこの写真に写っている2匹なのですが、なんと共生しています
すり鉢状に盛り上がっている部分がオトメハゼの作った巣穴なのですが、
セイテンベラが巣穴の中から体を出しています。



P1034153.jpg
こちらは二匹ともが巣穴に入ったとき。
ベラは周辺を旋回するときもあるのですが、基本ここに戻ってきます。



P1034158.jpg
ベラが巣穴に入り、顔だけ出している様子。



P1034150.jpg
オトメハゼは巣穴から離れて摂餌をしますが、その時にもベラは寄り添って
一緒にエサを食べています。





これを見たのが一度きりであれば偶然とも考えられるのですが、
その後2回に渡る観察で同様の行動が見られました。
調べてみてもベラとハゼの共生関係というのは前例がないようです。
もし詳しい方がいらっしゃいましたら是非ご教示いただければと思います。




◎  咆哮 【メラネシアン・アンティアスyg & パープル・ビューティーyg】 

PC223684.jpg
セブに来て5日目。
今日は今回のセブ来訪で初めてハウスリーフに潜りました。
ほんならもうこれっきゃない、パープルビューティーの幼魚! そして黒抜き!

けど主役メラネシアンになってんねんけど・・・・・・


PC223685.jpg
これ撮るのにライト2本とストロボ1個使ってます。
ただ、ライト2本は魚を照らしているわけじゃなくて、別の用途に使ってます。
どんな使い方をしてるのか知りたい方は是非セブへ!


PC223689.jpg

PC223643.jpg
大分イメージに近いこと撮れてきたぞ~。




back to TOP