gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  Aces High / Iron Maiden 

往年の名メタル、今日は Iron Maiden の Aces High です。
Iron Maidenといえばメタル界ではもはや重鎮、イギリスを代表するメタルバンドですが、Deep Purpleほどのキャッチーさがないせいで、一般からすれば無名に近いのかも?
まあ、とにかくこのAces High(邦題:撃墜王の孤独)は名曲です。
イントロのリフからもう痺れまくり。
メロディもギターソロも最高。
冒頭から一気に勢いを殺さず引き込まれてしまいます。

でもIron Maidenの一番の魅力は、なんといってもベースラインだと個人的には思うわけなんですよ。
メタルって結構、ギター至上主義みたいなとこがあってギターばっかり目立っちゃってるんですが、Iron Maidenは違う。
ベースがブリブリゴロゴロ言わしちゃって、めちゃくちゃかっこいいのです。


まあ、そんなわけでまたもや勝手に意訳を含めての訳詩つきでお楽しみください。




Iron Maiden
Aces High



There goes the siren that warns off the air raid
Then comes the sound of the guns sending flak
Out for the scramble we've got to get airborne
Got to get up for the coming attack.

Jump in the cockpit and start up the engines
Remove all the wheel blocks
there's no time to waste
Gathering speed as we head down the runway
Gotta get airborne before it's too late

Running, scrambling, flying
Rolling, turning, diving, going in again
Run, live to fly, fly to live, do or die
Run, live to fly, fly to live, Aces high


Move in to fire at the mainstream of bombers
Let off a sharp burst and then turn away
Roll over, spin round and come in behind them
Move to their blindsides and firing again

Bandits at 8 o'clock move in behind us
Ten ME-109's out of the sun
Ascending and turning out spitfires to face them
Heading straight for them I press my guns.

Rolling, turning, diving
Rolling, turning, diving, goin' again
Run, live to fly, fly to live, do or die
Run, live to fly, fly to live, Aces high.


------------------------------------------------------------------------------

敵機襲来の警報が鳴り響き
対空砲火の嵐が起こる
急ぎ来たれ 天高く舞い上がれ
奴等にこの島の空を汚させるな

コックピットに飛び乗りエンジンを始動させろ
枷をはずせ、一刻の猶予もない
速度を上げて滑走路を突き進め
我らの島を守るため 舞い上がれ

疾れ、速く、天高く
旋回しろ、回り込め、突き進め、何度でも
疾れ、飛ぶために生き抜け、生きるために飛べ、やるかやられるか
疾れ、飛ぶために生き抜け、生きるために飛べ、高みの覇者



目標敵爆撃機編隊中央
見敵必殺 一撃離脱
宙を舞い翼を駆って追い立てろ
死角から奴等の背中を刺してやれ

8時丁度、敵機が我らの背後に回る
10機のME-109が朝日を背負って現れる
スピットファイアを駆って敵機をかわせ
奴等の正面から引鉄を引いてやる

旋回しろ、回り込め、突き進め
旋回しろ、回り込め、突き進め、何度でも
疾れ、飛ぶために生き抜け、生きるために飛べ、やるかやられるか
疾れ、飛ぶために生き抜け、生きるために飛べ、高みの覇者




スポンサーサイト

◎  Highway star / Deep Purple 

海に潜れないので海ネタに乏しい8月。
ふつう最高のシーズンなんですけどね。
まあ忙しいし仕方がない。
そんなわけで、往年の名メタルのご紹介。
今日はイギリスのロックバンド、Deep purple から Highway star です。
Deep purpleといえば、どんな人でも聞いたことのある「ジャッ ジャッ ジャーン  ジャッ ジャッ ジャジャーン」 のリフで有名な Smoke on the water が一般的ですが、Highway star も負けず劣らずの名曲です。
車に乗るときにガンガンで流したい曲ですが、スピード出しすぎには注意です。





Deep purple
Highway star




Nobody gonna take my car
I'm gonna race it to the ground
Nobody gonna beat my car
It's gonna break the speed of sound
Oooh it's a killing machine
It's got everything
Like a driving power, big fat tyres and everything

I love it, and I need it
I bleed it
Yeah, it's a wild hurricane
Alright, hold tight, I'm a highway star

Nobody gonna take my girl
I'm gonna keep her to the end
Nobody gonna have my girl
She stays close on every bend
Oooh she's a killing machine
She's got everything
Like a moving mouth, body control and everything

I love her, I need her
I seed her
Yeah, she turns me on
Alright, hold tight, I'm a highway star

Nobody gonna take my head
I got speed inside my brain
Nobody gonna steal my head
Now that I'm on the road again
Oooh I'm in heaven again
I've got everything
Like a moving ground, throttle control and everything

I love it, and I need it
I seed it
Eight cylinders all mine
Alright, hold tight, I'm a highway star

Nobody gonna take my car
I'm gonna race it to the ground
Nobody gonna beat my car
It's gonna break the speed of sound
Oooh it's a killing machine
I it's got everything
Like a driving power, big fat tyres and everything

I love it, and I need it
I bleed it
Yeah, it's a wild hurricane
Alright, hold on tight, I'm a highway star
I'm a highway star, I'm a highway star



------------------------------------------------------------------------------
俺の車は誰にも渡さない
地の果てまで走らせてやる
俺の車は誰にも負けない
音速だってぶっちぎる
こいつは殺人マシーンさ
こいつがなけりゃ生きていけない
すごいパワー、ぶっといタイヤもなんでもあるぜ

愛してる、こいつがなきゃダメだ
鼻血を吹くぐらい
まるで吹き荒れるハリケーンさ
ようし、しっかりつかまっとけ、俺はハイウェイスター

俺の女は誰にも渡さない
彼女は死ぬまで俺のもんだ
俺の女は誰にも落とせない
どんなカーブにだってついてくる
彼女は殺人マシーンさ
彼女がいなけりゃ生きていけない
艶かしい唇も、その体も最高だ

愛してる、お前がいなきゃダメだ
孕ませてやる
彼女は俺をかきたてる
ようし、しっかりつかまっとけ、俺はハイウェイスター

俺の前は誰も走らせない
俺は完全なスピード狂だ
俺の前には誰も出られない
俺はここに帰ってきた
ここは高速という名の天国さ
俺にはなんだってある
走り去る大地、スロットル全開だ!

愛してる、こいつがなきゃダメだ
鼻血を吹くぐらい
8気筒エンジンは俺のもんだ
ようし、しっかりつかまっとけ、俺はハイウェイスター

俺の車は誰にも渡さない
地の果てまで走らせてやる
俺の車は誰にも負けない
音速だってぶっちぎる
こいつは殺人マシーンさ
こいつがなけりゃ生きていけない
すごいパワー、ぶっといタイヤもなんでもあるぜ

愛してる、こいつがなきゃダメだ
鼻血を吹くぐらい
まるで吹き荒れるハリケーンさ
ようし、しっかりつかまっとけ、俺はハイウェイスター




◎  AT VANCE 

今日ご紹介するのはドイツのメロディックスピードメタルバンド、AT VANCEです。

ONLY HUMAN / AT VANCE



冒頭ではメロディック・スピード・メタルと紹介しましたが、同じジャンルで呼ばれるSONATA ARCTICAStratovariusとは違い、非常に重厚な正統派メタルの音作りが特徴です。
しかもクラシック大国ドイツが生んだバンドらしく、クラシカルなフレーズが多用され、非常に耳に残りやすい。
メロディー・スピード・ヘビー・パワーと全てを兼ね備えた私の理想のようなメタルバンド。
リーダーでギタリストのオーラフ・レンクのギターテクニックもすさまじく、発表されたアルバムには毎回数曲のクラシック曲のカバーが挿入されています。
今まで発表されている主な楽曲では ベートーヴェンの交響曲第5番『運命』 ビバルディの四季『冬』、コルサコフの『Flight of the Bumblebee』などがあり、その超絶テクを如何なく発揮しています。

また、AT VANCE名義で3枚目のアルバムまでヴォーカルを担当していたオリヴァー・ハートマンは、野太く枯れた低音域からハイトーンシャウトまで幅広く歌い分けのできる素晴らしいヴォーカルでした。
メタルバンドでありがちなただシャウトするだけでなく、低音から高音までしっかり歌い上げることのできる素晴らしいヴォーカリストだったんですが、4thアルバムからヴォーカルをはずれてしまったのが残念。
彼の高い歌唱力がよくわかるのが、3rdアルバムまでに挿入されていた過去の名曲のメタル・カバー。
ABBAの『S.O.S』や『The Winner Takes It All』やRainbowの『I Surrender』などが収録されています。
ある意味本家よりいいかも。


The Winner Takes It All (Cover ABBA) / AT VANCE



I SURRENDER(Rainbow) / AT VANCE







◎  Don't Stop Me Now 

とっても久しぶりに音楽カテゴリに追加です。
Queenは本当に名曲が多いですが、このDon't Stop Me Nowは私の一番のお気に入り。
スローテンポなピアノとフレディの透き通る高音のイントロから始まり、一転駆け抜けるように変化し、最後はしっとり締める、最後に余韻に耽ってしまうような名曲です。




Queen
Don't Stop Me Now

Tonight I'm gonna have myself a real good time
I feel alive and the world I'll turn it inside out - yeah
And floating around in ecstasy
So don't stop me now don't stop me
'Cause I'm having a good time having a good time

I'm a shooting star leaping through the sky
Like a tiger defying the laws of gravity
I'm a racing car passing by like Lady Godiva
I'm gonna go go go
There's no stopping me

I'm burnin' through the sky yeah
Two hundred degrees
That's why they call me Mister Fahrenheit
I'm trav'ling at the speed of light
I wanna make a supersonic man out of you

Don't stop me now I'm having such a good time
I'm having a ball
Don't stop me now
If you wanna have a good time just give me a call
Don't stop me now ('Cause I'm having a good time)
Don't stop me now (Yes I'm havin' a good time)
I don't want to stop at all

Yeah, I'm a rocket ship on my way to Mars
On a collision course
I am a satellite I'm out of control
I am a sex machine ready to reload
Like an atom bomb about to
Oh oh oh oh oh explode

I'm burnin' through the sky yeah
Two hundred degrees
That's why they call me Mister Fahrenheit
I'm trav'ling at the speed of light
I wanna make a supersonic woman of you

Don't stop me don't stop me
Don't stop me hey hey hey
Don't stop me don't stop me
Ooh ooh ooh, I like it
Don't stop me don't stop me
Have a good time good time
Don't stop me don't stop me ah
Oh yeah
Alright

Oh, I'm burnin' through the sky yeah
Two hundred degrees
That's why they call me Mister Fahrenheit
I'm trav'ling at the speed of light
I wanna make a supersonic man out of you

Don't stop me now I'm having such a good time
I'm having a ball
Don't stop me now
If you wanna have a good time (wooh)
Just give me a call (alright)
Don't stop me now ('Cause I'm having a good time - yeah yeah)
Don't stop me now (Yes I'm havin' a good time)
I don't want to stop at all


------------------------------------------------------------------------------

今夜僕は最高に楽しんでやる
生きてて良かった
天地がひっくり返ったような
快楽に身をゆだねてる
だから僕を止めないでくれ 今だけは僕を止めないで
だってこんなに楽しんでいるんだから 楽しんでるんだから

俺は空を駆ける一筋の流れ星
重力なんか関係ない虎のように
俺はレディ・ゴディバのように走り抜けるレーシング・カー
俺は突き進む 何者も俺を止められない
空を真っ赤に染め上げるほど燃えている
200度の熱さ それがMr.ファーレンハイトと呼ばれる所以
俺は光速で旅をする
君にも音速を超えさせてあげよう

今は俺を止めないでくれ
こんなに楽しんでいるんだから
最高に楽しいよ
今は俺を止めないでくれ
君も楽しみたいのなら 俺を呼んでくれ
俺を止めないでくれ (こんなに楽しんでいるんだから)
俺を止めないでくれ (そうさ こんなに楽しいんだから)
俺は絶対に止まらないぞ

俺は火星を目指すロケット
衝突針路を進んでる
俺は衛星 俺にだってどうにもならない
俺はセックス・マシーン いつでも発車オーライさ
まるで爆発寸前の原子爆弾みたいなもん
俺は突き進む 何者も俺を止められない
空を真っ赤に染め上げるほど燃えている
200度の熱さ それがMr.ファーレンハイトと呼ばれる所以
俺は光速で旅をする
君にも音速を超えさせてあげよう

俺を止めるな 俺を止めるな 俺を止めんなよ
俺を止めるな 俺を止めるな
俺を止めるな 俺を止めるな
ナニコレ めっちゃ楽しいわー!
俺を止めるな 俺を止めんなよ ウッヒョーイ!

空を真っ赤に染め上げるほど燃えている
200度の熱さ それがMr.ファーレンハイトと呼ばれる所以
俺は光速で旅をする
お前にも音速を超えさせてやるよ

今は俺を止めないでくれ
こんなに楽しんでいるんだから
最高に楽しいよ
今は俺を止めないでくれ
君も楽しみたいのなら 俺を呼んでくれ
俺を止めないでくれ (こんなに楽しんでいるんだから)
俺を止めないでくれ (そうさ こんなに楽しいんだから)
俺は絶対に止まらないぞ




恒例の英検4級の実力(笑)を遺憾なく発揮した和訳も、やってるうちになんかテンションあがってきて途中わけわからんくなってしまいました。
でもフレディもきっとこんな異常なテンションで作ってたんじゃあないでしょうか。


◎  San Sebastian / Sonata Arctica 

とりあえずカメラのほうが一段楽したので、久々に洋楽シリーズ。
今回はフィンランンドのメタルバンド、Sonata ArcticaSan sebastianです。
フィンランドといえばダイコンやスポーツウォッチで有名なSUUNTO社がありますが、メタラーにとっては数々の素敵バンドを産んできたことで注目されています。
今回の曲は悲恋を歌った私の大好きな曲です。



I could see my life, short film passing my eyes
I tried to look away from her, as always I just tried
Sweetness in her eyes, gone through one million miles
How could I turn my back on her, the sweetest thing alive

I was eager, day time dreamer,
waiting time when I'd come alive

Sun of San Sebastian eighteen years young today
She's all I ever dreamed, but now my skies are turning grey
It was good I got to know her well, because it made me see
That the sun of San Sebastian is just too hot for me

Look what have I done to the San Sebastian
I wasted all my childhood dreams by staring at the sun
Back in time with a dream of mine
I try to find my way back to life

Burning fever, night time screamer,
waiting time when I'd come alive

Sun of San Sebastian oh why I cannot stay
She's all I ever dreamed, but now my skies are turning gray
It was good I got to know her well, because it made me see
that the sun of San Sebastian is just too hot for me

[Solo]

Every single day, for the rest of my way
I live without my love, my God, I have to stay in shade
When I'm old and gray, I remember that day
When she came, that perfect dame and she blew me away

I was eager, day time dreamer,
waiting time when I'd come alive

Whoa-oh-oh-oh...

Was it good I got to know her well although it made me see
That the sun of San Sebastian is way too hot for me, yeah

Whoa-oh-oh-oh...

Now I live my life in shade and I am married to the moon
and the sun of San Sebastian is warming someone new

--------------------------------------------------------------------------

短い映画のように、僕の人生が思い出される
僕はいつも彼女から目をそらそうとしていた
彼女の瞳は百万マイルを越える
どうして彼女の瞳から目を逸らすことができるだろう 、この世で最も素敵なものに

僕はいつも夢の中に居場所を求めていた
僕が現実に生きられる日など来るのだろうか

サン・セバスティアンの太陽は今日18の若さ
彼女は僕の夢見ていたものの全て、だが僕の空は灰色に変わろうとしている
彼女と親しくなれて良かった、
サン・セバスティアンの太陽は僕にはあまりに熱すぎることがわかったから

僕のサン・セバスティアンに何をしてしまったのだろう
子供の頃の夢を、輝く太陽を見つめて駄目にしてしまった
夢と共に時を遡り
僕が生き返る方法を探し出そう

身を焦がす熱に夜中に叫びをあげ
僕が現実に生きられる日など来るのだろうか

サン・セバスティアンの太陽よ どうして僕はここにいられないのだろう
彼女は僕の夢見ていたものの全て、だが僕の空は灰色に変わろうとしている
彼女と親しくなれて良かった、
サン・セバスティアンの太陽は僕にはあまりに熱すぎることがわかったから

毎日毎日 僕は残された人生を
愛なく生きるんだ、神よ、僕は太陽に背を向けてしまった
僕が年老いて髪も白くなったなら、あの日を思い出すだろう
彼女が、あの完璧な女性が現れたとき、僕は打ち倒されてしまった

僕はいつも夢の中に居場所を求めていた
僕が現実に生きられる日など来るのだろうか

本当に僕は彼女と親しくなれてよかったのだろうか
サン・セバスティアンの太陽が僕には熱すぎたとわかったとしても

僕は今 日陰に暮らし 月と契りを交わした
サン・セバスティアンの太陽も 別の誰かを暖めている





疾風感あふれるこの曲調は私が最も好きな種類なんですが、これは曲だけでなく、歌詞にも心打たれました。
普段私は洋楽を聴くときあまり歌詞を気にせず聞いてるんですけど(正直英語苦手なので)、この曲の歌詞は久々にグッと来ました。まるで自分のことを歌われているようで。
つい最近も・・・いや、なんでもないです・・・

前回の歌詞は自分みたいで嫌いでしたが、今回の歌詞は大好きです。
基本的に失恋ソングが好きなんですよね。
多分もう一発失恋ソングが入ると思います。
お楽しみにー。







back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。