gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  【禁断の愛】 セイテンベラ & オトメハゼ 

P1054596.jpg
たまには生態の話。
ていうか大真面目に生態の話と化するの初めてかもしれません。

さてこの写真に写っている2匹なのですが、なんと共生しています
すり鉢状に盛り上がっている部分がオトメハゼの作った巣穴なのですが、
セイテンベラが巣穴の中から体を出しています。



P1034153.jpg
こちらは二匹ともが巣穴に入ったとき。
ベラは周辺を旋回するときもあるのですが、基本ここに戻ってきます。



P1034158.jpg
ベラが巣穴に入り、顔だけ出している様子。



P1034150.jpg
オトメハゼは巣穴から離れて摂餌をしますが、その時にもベラは寄り添って
一緒にエサを食べています。





これを見たのが一度きりであれば偶然とも考えられるのですが、
その後2回に渡る観察で同様の行動が見られました。
調べてみてもベラとハゼの共生関係というのは前例がないようです。
もし詳しい方がいらっしゃいましたら是非ご教示いただければと思います。




スポンサーサイト

◎  十六夜 【イザヨイベンケイハゼ】 

PC0130054.jpg
ずっと憧れだったイザヨイベンケイハゼ。
11月にお世話になった赤松ダイバーズは串本にて撮影してきました。
ところが1本刺さりっぱなしにさせていただいたにもかかわらず、全然納得いく写真が撮れず。
すんごい悔しい。

PC013016.jpg
雅な名前がついてますが、十六夜って結局なんなん? と思って調べてみたところ、

 いざよいは、「ためらう」「躊躇する」意味の動詞「いざよう」の連用形が名詞化した語。
 陰暦16日の月の出は、15日の満月の月に比べてやや遅いところから、
 月がためらっていると見立てたものである。


ちゅうことらしいです。
十五夜の翌日だから、通称『フルムーン・ゴビー』はちょっとお門違いと言ったとこでしょうか。


◎  闇を背負って 【スジクロユリハゼ】 

PA160932.jpg
こういう飛んでるハゼを撮るときには背景に一切余計なものを入れないようにする。
それが俺のジャスティス。
かんなり煽らないと砂地が入るから、意外と難しいんですけど、
いっぺん覚えたらやめられない境地です。


PA160948.jpg
あくび。

◎  憧れの 【ハナハゼ】 

150426_09.jpg
ダイバーになった頃、図鑑を見てこんなきれいな魚がおるんか~!
と思って憧れだったハナハゼ。
OW講習以降、砂地に行けばわんさといることを知る・・・・・・



◎  ギンギラギン 【ヤマブキハゼ】 

P1267350.jpg
このヤマブキハゼ、婚姻色でずーっとホバリングしてました。
真上ではベラがやっぱり婚姻色だしてビュンビュン泳ぎ回ってたから、
それに触発されたんかな。





back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。