gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  記録会 

本日は、私の勤めるプールの品川店で全社的な記録会がありました。
この記録会は全ての子供たちが対象で、幼児の板キック25mなんて種目もあります。
もちろん50Frや200IMなどの競技種目もあります。
そこに選手コースの子供たち、そして私が平泳ぎコースや選手育成コース、特別教室で見ている子供たちも出場しました。

コーチである私自身も、すごく楽しいイベントでした。
子供たちもとても楽しんでくれた様子で。

育成コースに来ている二年生の女の子は、一週間前のC級大会、月末テスト、今回の記録会、とそれぞれベストを更新していき、50Frで43秒を出しました。
平泳ぎクラスの幼稚園の男の子はもっとすごい。
前日に測定した25Frは27秒、記録界での25Frでは26秒、そして100Frリレーでのラップタイムは24秒台を出してきました。
そして一番うれしかったのが、特別クラスの子供たち。
全員で5名の参加だったのですがもしかしたら泳げないのでは、当日帰宅なくなってしまうのでは? と不安でいっぱいでったのですが、全員参加、全員がそれぞれメダルをもらうことができました。
と言ってもほぼ全員がメダルを取れるようにレースが組まれてるのですが...
でも、それでも、本人はもとより私はそごくうれしかったです。
担当してまだ一月しかやってないのに、感動して思わず涙ぐんでしまいました。

長々と書きましたが、やっぱ水泳楽しい!

◎  【大瀬崎発】謎のタツノオトシゴ!? 

大瀬タツ


3年前ほどに大瀬崎で撮影したタツノオトシゴの仲間です。
白い体に黒いスポットがたくさんありますね。
名前は失念しましたが、国内でこんなものに出会えるなんて、大瀬崎ってすごい!






なんて、だいたいの方はお気づきでしょうが、ショップの水槽を撮影したものです。
やたら濁ってるし、海草があるし、白砂利だしで大瀬崎の海なわけがないわけです。
名前なんて言ったかな~、こいつ。

◎  イザリウオ? 

今日の写真は、カイメンそっくりのイザリウオ...
ではなく、

イザリウオそっくりのカイメンです。


kaimen



どうですか?
口と目があって、胸びれまで。
ダイビングの後半、暇つぶしに撮ってみた一枚です。

◎  INON D-2000 

【送料無料。カード決済OK!】イノン INON D-2000S
【送料無料】INON20061027祭5[イノン]D-2000希少入荷!








INONからしばらく前に発売されたS-TTL搭載のストロボですが、私の知らないうちにD-2000Sなるものが出ていたようで。
ついている機能はほとんど同じらしく、相違点は
  ・ターゲットライトの有無
  ・外部オート機能の有無

だけらしいです。
ターゲットライトは光ケーブルでカメラについてないと、結局自動消灯してくれないので、コンデジユーザーの私には必要ないかな、と。
でも、2つ目の【外部オート機能】というのが何を指しているのかよくワカランのです。
果たしてコンデジ撮影に必要なものなのか?
情報お持ちの方、教えてくださいませ!

◎  思い出の魚 

ヒフキヨウジ


大型のヨウジウオで知られるヒフキヨウジ。
写真は川奈で撮影したもので、ピンボケしてます。
正面顔を撮影したかったのですが、なかなかうまくいかないですね。


実は、私はこのヒフキヨウジに深い思い出があります。
初めてこの魚に出会ったのが、バリ・シークレットベイ。
以前勤めていた会社のイントラのみのツアーで潜ったポイントでした。
チームは現地ガイドも含め8名ぐらいだったと思います。
はじめて見るこの魚に興味津々な私を含む3人のイントラは、観察・撮影に夢中になってしまい、チームとはぐれてしまったのです。
この時が、私のはぐれ初体験。
周りを見回したとき、私が最初にガイドがいなくなっていること気づき、他の2人に知らせました。
私は水中で大爆笑。
「わははははぁ~、おいてかれちゃいましたよ~w」と。
緊迫感の欠片もない私です。


back to TOP