gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  安良里 

さあて、今日は西伊豆・安良里を攻めてきました。
狙いはなんと言っても、話題のクマドリイザリウオ、ニシキフウライウオ、イバラタツ
役者が揃ってますね~。
とても一日じゃ満足できない内容です。
詳細は追って。
今日はもうクタクタなので休みます。
スポンサーサイト

◎  ダイビングと泳力 

さて、今日は辛口トークで行きますよっと。
相互リンクの申し込みをしていただけたサイト様のHPに、ダイビングは泳げないとダメなのか?というコンテンツがあったので、便乗して書かせていただきます。
ダイビング業界全体の風潮として、ダイビングは泳げなくても大丈夫だけど、泳げるに越したことはないというのが一般論でした。
これはセールスでの常套文句で、泳げなきゃダメ、と言ってしまえば、大抵の人は泳げないわけですから、客が減ってしまう。
でも、私は言わせていただきます。

泳げなきゃダイビングなんかするな! と。
ダイビングとは命がけのレジャーです。
トラブルと死亡リスクが限りなく近い。
そんな環境で、泳げない人間がダイビングをするとどうなるのか。
私も短い間でしたが、100や200は下らない人たちを認定したり、その場に立ち会ってきました。
その中には泳げない人もたくさんいます。
そういった方特有の行為。

・水に顔をつけられない
 最初ならともかく、海洋実習の場でも起こります。
・足が動いていない
 泳げないんだから当然です。キックの仕方を知りません。
・プールで水面移動の練習中にすぐ立つ
 何かにつけて立とうとします。足が着かない海でどうする気?
・講習中、すぐ水面に出たがる
 恐怖により水中から逃げようとします。大変危険な行為。
・海洋実習で水面移動をすると呼吸ができない
 水と深度に対する過剰な恐怖心で過呼吸を起こします。

と、書き出せばキリがありません。
でも、泳力いらない派からこんな反論が出てきます。

・推進力はフィンで補える
・BCやウェットスーツで浮力が確保できる

しかし、動いてない足にフィンは無意味だし、泳げない人間はスーツを着ていても脱力して浮くことができません。

別に泳げない人をこき下ろしているわけではありません。
逆にOW取得当初は泳げなかったけど、平行して水泳を始め、1000、2000と泳げるようになった人もいます。
人間、努力次第でちゃんと泳げるようになるし、死ぬ気でやれば死ぬことはありません。
泳げなくても大丈夫という宣伝文句に甘えず、自分を磨いてみてください。

◎  熱下がった 

入水したら熱下がりました。
でも、これがいかんのです。ここで調子に乗ると、またぶり返すスパイラル。
気をつけないと。

◎  風邪 

体調が悪いです。
風邪引きました~。
私の風邪はいつも間接から来るんですよね。
首や腰がメロメロです。
木曜までになんとかしないとな~。

◎  デジカメの選択基準 

さて、この題名ですが、今すぐ買い替えを考えているとか、欲しい機種があるとかじゃありません。
ただ、昨今のデジタルカメラの進展はすさまじいものがあり、今年に発売されたSP-510UZ(実質的にC-770UZ後継機)なんか、AF精度も抜群によくなってます。
そこで、時期新作ラッシュ時に迷わないように、必要な選択基準をピックアップしていきます。

・絞り優先/シャッタースピード優先/マニュアル露出モードがある
  本格的に写真を撮るためには、必須の項目です。
・バッテリーが流用可能or単三式
  今あるもの、もしくは汎用性が高いものがいいですね
・純正ハウジングがある
  やっぱりこの方が予算的に助かりますから
・ハウジングのポート径が67mm
  今使ってるコンバージョンレンズがそのまま使えますから

と、いま思いつくのがこんなもん。
思い出すたびに追加していこう。


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。