gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  開設2周年 

本日、2007年5月28日をもちまして、我が【gecko's house】が、

2周年を迎えました!

いやいや、ありがとうございます、ありがとうございます。
新しいカメラも手に入り、心機一転、これからもがんばって活動を続けていきますので、是非とも、これからもよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

◎  PT-037 

届きました、PT-037!!!
しかし、箱がでかい。
あまりにでかいので写真にとってみました。

P5260002.jpg


う~ん、よくわからないですね。
比較対象として綿棒を載せてみます。

P5260003.jpg


うん、これはわかりやすい。



そしてハウジング本体も・・・
やっぱでかい!

P5260004.jpg


これもわかりずらいですね、比較対象として巻貝を並べてみます。


P5260014.jpg



なんたるわかりやすさ!

かなり大きいんですが、却ってこの方が撮影自体は安定しそうです。
それに、ワイド・マクロ両用できるカメラですから、コンパクトさを求めたら贅沢かもしれませんね。
これで、あとはマクロ用のアダプタさえ届けばOKです。
注文はしてるんですが、メーカーHPでも発売してるのかしてないのかよくわからないので、いつ届くのかまでわからない状況。
う~ん、早く海で試したい!


P5260005.jpg



一応前に使っていたPT-022と並べて撮ってみました。

◎  BIG PAPA倒産 

業界では色々と有名なBIG PAPAが破産申告し、受理された模様です。
この会社、かなり強引な勧誘と販売で色々と黒い噂も耐えなかったのですが、今回破産した理由は何だったのでしょうかね?
普通に経営を維持できないほど業績が落ち込んでいたのか、顧客トラブルからくるジリ貧なのか、はたまた全て計算づくの計画倒産なのか・・・
勿論支払い済みで商品(器材、ツアーなど)を受け取っていないものは、ほぼ確実に商品、返金共に受け取れないことになりそうです。

そして問題はもう1件。
BIG PAPA独自の指導団体AAAの存在。
資本をBIG PAPAと同じくしていたため、恐らくは指導団体も解体という措置になるでしょう。
その際、現存しない指導団体のCカードを持つダイバーを、サービスは受け入れることができるのか。
なぜそういう心配があるのかというと、ひとつカード保持者の技術・知識を保障するものがなくなってしまったということ。
そしてもうひとつは、もっと根本的な問題で、AAAが発行していたカードは、PADIなど他の指導団体のオープンウォーターの基準に達していない可能性があるということ。
つまりよくわからないマイナーな団体はお断りだ、ということ。
しかし、業界内では結構大きな話題になっていますから、何も手立てがないということはないでしょう。
その上で、元会員の方は身の振り方を考える必要があると思います。

◎  PT-037 








ついに、SP-550UZのハウジング、PT-037が発売されます!
ハイエンドデジカメのハウジングとしては、SP-350以来の発売になるので、非常に楽しみです。
このカメラ、工学18倍ズームに加え、が書くが28mmととても広く、ワイドから望遠まで幅広くこなせるのがいいですね。
そして、広角レンズ搭載型の心配点であった水中でのマクロ撮影も、別売りのアダプタを装着することで67mm径のレンズをとりつけることが可能となってます。
久しぶりの高性能な水中撮影器材に、一眼の使いこなせない私は燃えています。

◎  復活の兆し 

日曜日にハゲをこさえてしまって以来、外出時は帽子を被ったり、指導前後プールサイドにいるときなどにセームを頭に巻いたりと後ろ頭を隠しているわけですが、
どうやら傷は深くなかったようでちょびちょびと毛が生えてきました。
まずは一安心といったところですが、いつになったら生え揃うのか・・・
誰だったかは片方の眉を剃り落とし、それが生え揃うまで山中に篭って修行をしたといいますが。
生憎修行は必要でも山篭りするほど暇ではないので、とにかく人目を憚って生活していくしかありません。
気をつけなければいけないのは、洗髪時とプール。
うっかり強く洗ってしまったら傷口が開いてしまうし、塩素に漬かってるとどうしても傷の治りが遅くなるので。
こんなに生活に気を使うのは初めてです。
天然だったら諦めもつくんですけどね。


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。