gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  波佐間 見られた生物 証拠写真 

諸般の事情によりこの見苦しい写真の数々をULいたします。
恥ずかしいけど、全部見せちゃうっ♪
P9260010.jpg

P9260029.jpg

P9260014.jpg

P9260038.jpg
P9260062.jpg

P9260076.jpg

P9260086.jpg


























































































































恥ずかしいんでちょっとすぐ消すかも知れんです。

◎  波佐間で潜ってきました 

P9260010.jpg


P9260029.jpg


本日は波佐間海中公園で潜ってきました。
狙いはニシキフウライウオ。
昨晩からグワングワンと唸るほど風が強く、開催が危ぶまれましたが、波佐間地区は山に囲まれ安泰でした。

さて、写真の方ですが、最近どうも惨敗続き。
特に今回は腕の鈍りにプラスして透視度5mということで、青抜きができなかったり30cmはなれると浮遊物でダメになったりとなかなか厳しい環境でした。
しばらくのところお目汚し写真ばかりですけども、どうかお付き合いくださいませ。

見られた生物は、
コブダイ(頼朝、頼子)
ニシキフウライウオ
オオウミウマ
タツノオトシゴ
オオモンイザリウオ
アカオビハナダイ
サクラダイ
ヒトデヤドリエビ
ナマコマルガザミ

などなど。


今回は色がすごいことになってます。
まずニシキフウライウオは、今まで出会ったことのないまっかっかな個体。
波佐間に出るニシキはみんなこんなんだそうで。
そしてこの緑色の水!
私のトコ見てくださる方はこんな海見たことないやろ~~、という緑。
海ってな青くないんですよ、房総では。
ニゴニゴ、ニゴニゴ。
きれいかったら良かったのに。

◎  Bohemian Rhapsody 

たまには趣向を変えて、音楽について書いてみます。
メタラーな私の愛する曲、そして歌詞を紹介していきます。
第1回目は QUEEN の Bohemian Rhapsody です。






QUEEN
Bohemian Rhapsody 


Is this the real life?
Is this just fantasy?
Caught in a landslide
No escape from reality
Open your eyes
Look up to the skies and see
I'm just a poor boy, I need no sympathy
Because I'm easy come, easy go
A little high, little low
Anyway the wind blows, doesn't really matter to me, to me

Mama, just killed a man
Put a gun against his head
Pulled my trigger, now he's dead
Mama, life had just begun
But now I've gone and thrown it all away
Mama, ooo
Didn't mean to make you cry
If I'm not back again this time tomorrow
Carry on, carry on, as if nothing really matters

Too late, my time has come
Sends shivers down my spine
Body's aching all the time
Goodbye everybody - I've got to go
Gotta leave you all behind and face the truth
Mama, ooo - (anyway the wind blows)
I don't want to die
I sometimes wish I'd never been born at all

I see a little silhouetto of a man
Scaramouch, scaramouch will you do the fandango
Thunderbolt and lightning - very very frightening me
Gallileo, Gallileo,
Gallileo, Gallileo,
Gallileo Figaro - magnifico

But I'm just a poor boy and nobody loves me
He's just a poor boy from a poor family
Spare him his life from this monstrosity
Easy come easy go - will you let me go
Bismillah! No - we will not let you go - let him go
Bismillah! We will not let you go - let him go
Bismillah! We will not let you go - let me go
Will not let you go - let me go (never)
Never let you go - let me go
Never let me go - ooo
No, no, no, no, no, no, no -
Oh mama mia, mama mia, mama mia let me go
Beelzebub has a devil put aside for me
for me
for me

So you think you can stone me and spit in my eye
So you think you can love me and leave me to die
Oh baby - can't do this to me baby
Just gotta get out - just gotta get right outta here

Ooh yeah, ooh yeah
Nothing really matters
Anyone can see
Nothing really matters - nothing really matters to me

Anyway the wind blows...

これは現実なのか
それとも ただの幻か
まるで地すべりに巻き込まれたように
この現実から逃れられない
その目を開けて
空をあおぎ見るがいい
僕は貧しい哀れな男 だけど 同情はいらない
いつも気ままにさすらってきたから
いいこともあれば 悪いこともある
どっちにしたって 風は吹くのさ
たいしたことじゃない 僕にとっては

ママ たった今 人を殺してきた
奴の頭に銃口を突きつけて
引き金を引いたらやつは死んだんだ
ママ 人生は始まったばかりなのに
僕はもう駄目にしてしまった
ママ ああ・・・
ママを泣かせるつもりじゃなかった
明日の今頃 もし僕が戻らなくても
今のまま生きていって
まるで何事もなかったように

もう遅すぎる 僕の最期が来たようだ
体中を震えが走る
体中が苦痛に責めたてられる
さようなら みなさん 僕はもう行かなければ
みんなの元を離れ 真実に向き合う時だ
ママ ああ・・・
僕は死にたくないよ
時々考えてしまう
いっそ生まれてこなければよかった

男の影が小さく見える
スカラムーシュ 道化のものよ
ファンダンゴを踊っておくれ
雷鳴と稲妻
僕を怖れさせる
ガリレオ ガリレオ
ガリレオ ガリレオ
ガリレオ フィガロ―貴き人よ―

僕は貧しい哀れな男 誰も僕を愛してはくれない
  彼は哀れな男、貧しい生まれだ
  この怪奇な人生から彼の命を救ってやろう
気ままにやってきたんだ 僕を逃がして
  「神に誓って 逃がしはしない」  ―彼を逃がしてやろう
  「神に誓って 逃がしはしない」  ―彼を逃がしてやれ
  「神に誓って 逃がしはしない」  ―僕を逃がして
  「絶対に逃がさない」  ―僕を逃がして
  「絶対に逃がさない」  ―僕を逃がして ―僕を助けて
ノー ノー ノー ノー ノー ノー
ママ ママ 愛するママ 僕を助けて
魔王ベルゼブブ
この悪魔を僕の中から取り除いてくれ 僕のために-
僕のために-

僕に石を投げつけて 唾を吐きかけるつもりだな
僕を見殺しにして それでも愛してるなんて言うつもりか
ああ 君がそんなことをするなんて
すぐに ここから逃げ出さなければ 今すぐここから逃げ出さなければ

だけど 結局たいしたことじゃないのさ みんなだって分かってる
たいしたことじゃないのさ 僕にとっては本当に大したことじゃない

どのみち風は吹くのさ




イギリスを代表するロックバンド、QUEENの名曲です。
【We are the champion】 【We will rock you】 と並び、一般の方にも聞いたことがある方も多いかと思います。
ぶっちゃけて言うと、私はこの歌詞が嫌いです。
正確に言うと、この詩の主人公が嫌い、ということですけど。
曲はものすごく好きだし、フレディの歌声も素晴らしいのですが、
全ての望みを捨て諦めてはいるけれど、やはり心の底では諦めきれないこの男が嫌です。
潔くない。
諦めた振りをして、ぐちぐちぐちぐち・・・・・
きっと自分に似ているから嫌なんだと思います。

◎  同定結果 

s-P9120051.jpg


先日紹介いたしましたこいつですが、瀬能先生に同定依頼を出されていたTATSUMIのたけさんより連絡がありまして、やはりシボリキンチャクだった模様です。
以下がその詳細。

画像,拝見しました.シボリキンチャクフグに同定されます.近似種にアラレキ
ンチャクフグというのがいますが,シボリは尾鰭に斑点がなく,アラレは尾鰭全
体に体と同様な斑点があることで区別できます.
神奈川県立生命の星・地球博物館
瀬能 宏


日本発記録ならず! 残念!

◎  み~んみんみん 



back to TOP