gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  あんた、キレイな目をしているね・・・・・・   オキナワベニハゼ 



SP-560 PT-037 UCL-330 内蔵ストロボ+YS-27DX
絞り優先 F4.0 1/100 ISO100 ±0
柏島 勤崎 09/08/15


きれいな目シリーズ第2弾、、オキナワベニハゼです。
ベニハゼの中ではいちばん好きな種類。
オレンジの体色はすごくきれいだし、なんといってもこの眼! 濃いブルーに輝いているのです。

◎  シマヒメヤマノカミ 


SP-560 PT-037 PCU-01 内蔵ストロボ+YS27DX
絞り優先 F4.1 1/100 ISO100 ±0
柏島 1.5番 09/08/14


は~い、今日はシマヒメヤマノカミです。
海の生き物なのに、ヤマノカミとは、なかなかウィットに富んだネーミングですね。
自分でも何言ってるのかよくわかりません。
神々しい名前ですが、そのシルエットは正に荘厳。
なんというか和風な鋭さを感じます。
でも顔はかわいいんですよね~。
サイズも小さめだし、頭につくヒメの由来にも納得です。
しかも眼がいい!
グリーンの瞳は本当にきれいです。

◎  090920波佐間ログアップ 

090920波佐間の写真つきログをアップいたしました。
こちらからごらんください。


今回はカスリハゼをいっぱい取りました~。
シマカスリハゼとか、他にもいろんなハゼがいたらいいのにな。

◎  波佐間で潜ってまいりました 

本日波佐間で潜ってまいりました。
台風の影響で、朝到着した時点では砕けた波が堤防を越えるほどの勢いで、潜水できそうにない、との社長のお言葉。
そこで、ゲストの方にもキャンセルの電話を入れてることだし、スタッフだけで西川名へ潜りにいこうか・・・と話していたんですが・・・・
10時をすぎた辺りから、波が収まりだし、その上沖のほうが、遠めでも判るほどに水が綺麗になっている!

急遽波佐間に再度切り替え、潜水開始。
透明度10m、透視度15~7mのいい潮になっていましたよ。
さすがに海底近くは砂が待っていましたが、それほどでもなく。
懸念していたうねりも全くない状況、少人数で楽しんでまいりました。

見れた生物は色々ですが、ガラスハゼが今熱い! 高根には一株のフトヤギに5、6匹がくっついてます。またそれが何箇所もあるんですよね~。
そして5cmはあろうかと言う大物ガラスハゼまで。

それから、普段あまり行かないピラミッドというポイントにも行って来ました。
私のリクエストで、カスリハゼ探索。
ドロドロの砂地だし、絶対いるはず! と意気込んでみたら、やっぱいました。
萩原さんがまず一匹見つけてくれたんですが、流れてきたカジメに驚いてひっこんじゃいました。
しかもトサカの破片が巣穴に蓋をしてしまって、ちょっとこれ以上粘ってもしょうがない感じ。
私はそこに置いてもらい、周辺探索。
クサハゼがやっぱりたくさんいます。
クサハゼで遊んでいたら、もう一個体発見し、一本丸々刺さらせていただきました。
萩原さんの方も、他に数固体見たようで、どうやら波佐間では普通種のようですね。

そんなこんなで楽しい一日でしたよー。

◎  もうすぐ20000hitっすー。 

gecko's houseも、もうすぐ20000HITを迎えます。
ほんなもんで、もし20000を踏んだ方がいらっしゃいましたら、BBSかブログのコメントに書き込んでいただけるとうれしい限りです。
ささやかですが、20000HITのお礼として、公開中の写真の中から好きなものを選んでいただき、それでPC壁紙を作成しプレゼントしようと思っています。
気にいる壁紙がなかったら、写真持込でも受け付けます。
いなかったら勝手に作りますw

20000を踏んだ方は、

・お名前
・壁紙にしてほしい写真のURL
・壁紙のイメージ(ポップに、明るい感じ、サイバーちっくに、など できるだけ具体的に 参考画像をいただけるとありがたいです)
・入れてほしい文字など

を書き込んでください。
すみっこには勝手ながらうちのタイトルを入れさせていただきます。

さああああ、誰が踏むのか? リクエストはあるのか!?
そこで問題だ! この不人気サイトで一体誰が踏んでくれるのか?

3択-一つだけ選びなさい
 答え①ハンサムのDIは突如自分で踏んでしまう
 答え②仲間がきて踏んでくれる
 答え③踏まれない。 現実は非情である。
おれがマルをつけたいのは答え②だが期待は出来ない…
10日前にこのサイトに入った人たちがあと数カウントの間にここに都合よくあらわれて
アメリカンコミック・ヒーローのようにジャジャーンと登場して『待ってました!』と
踏んでくれるってわけにはいかねーゼ 逆にジョースターさんたちもすでに苦戦しているかもしれねえ


back to TOP