gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  この海と言えばコイツ!② 安良里といえば・・・・・・ 

この海と言えばコイツ! 第2弾は私の一番好きな海、安良里です。
安良里といえば、一般的なイメージだと、沖の根に現れるトビエイの群れでしょうか。
長年安良里に潜ってるけど、まだ私は1枚づつでしか見たことないけど。
まあ、マクロスキーな私がもとより大物をチョイスするわけもなく、大方の予想通りマクロ生物です。

ズバリ、

安良里といえばニシキフウライウオ
061009_03.jpg>

自分でも、なんでだろ?
別にめちゃくちゃ湧いてるわけでもないし、他のポイントにだって出てくるんですけど、
なんだか私の中では安良里といえばニシキ、ニシキといえば安良里なのです。
なんでだろうな~、多分、安良里でニシキが出たと聞けばすっとんでいく私の習性なのかも。
今年も見たいな、ニシキフウライウオ
憧れの黄色ニシキを!



この海といえばコイツ! ①:波左間



この他の水中写真は本家gecko's houseで!
gecko_banner3.jpg
スポンサーサイト

◎  この海と言えばコイツ!① 波左間といえば・・・・・・ 

はあ~~~。
明日から2連休だというのに、ケガしちゃって潜りに行けないです・・・。
軽い怪我なんですけど、ちょうど足の親指の爪のトコをやっちゃったもんで、歩くだけでも痛いのでフィンなんかはけやしないです。
そういうわけで土日は家でダラダラ、基仕事をしておきます。

そんな暗い話は置いといて、私の中にはこの海と言ったらこの生物! というのがあります。
みなさんの中にもあるかも知れませんね。
メジャーなもので言えば、

・石垣島といったらマンタ!
・神子元といったらハンマー!
波左間といったらコブダイ!

みたいな。
多分それは、雑誌の情報だったりショップのイチオシだったりするわけで、要は外からの刷り込み見たいなもんなんですよね。
そういう刷り込みがあると、そこに行った時、なんだかそれを見なきゃいけないような、見ないと損、みたいな義務感が生じてしまいます。
なんというか、映画のワンシーンを紹介されて、「このシーンは超感動! 見たら絶対泣くよ!」とネタバレされているようなもの。
だったら、もう自分でこの海ならコレ! ってのを作っちまえ! というすんげー矛盾した企画です。

第1回は房総の誇る海、波左間
波左間といえば・・・・・・
オオモンカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ

2年位前から、高根に出没しているこのオオモンカエルアンコウ
バックに見えるブイの係留ロープが彼のお気に入りで、たいていロープにくっついてるか、降りていてもこうして近くにでーんと構えてます。

最初はオレンジ色だったのに、1年後にはこんな色になってました。
オオモンカエルアンコウ


今年の冬も返ってきてくれることを願っています。

◎  メガネスズメダイyg 

090815_04.jpg
SP-560 PT-037 UCL-330 内蔵ストロボ+YS27DX
絞り優先 F4.3 SS1/125 ISO100 ±0
柏島 勤崎 09/08/15


こないだの連休はつい寝坊してしまってダイビングに行けませんでした・・・・・・
なんという失態。
そんなわけでしばらく昔の写真ばかりです。

今回のは昨年の柏島で撮影したメガネスズメダイyg
-10mくらいのところで追い掛け回してたら、こんな真っ赤なトサカの近くに来たのでチャンス! とばかりに撮った一枚。
とはいえ、なかなか思い通りの位置まで来てくれないもので、全体をトサカで抜くことはできませんでした。
今年はぜひ! もう一度!



この他の水中写真は本家gecko's houseで!
gecko_banner3.jpg

◎  初ベラ! 

初めておとなのベラ
imge4d22bdbzik8zj.jpeg
を撮影してみました。
そうそう、緑・赤・黄色と派手なんだか地味なんだかよくわからない色合いで・・・・・・



まちがえた、こっちだ。
s-P7090121.jpg
伊豆で普通に見られるイトヒキベラです。
水中では青く見える体も、光が当たると真っ赤かなんですね。
水中で長い腹ビレをたなびかせながら泳ぐ姿は、いつも写欲をそそられるんですが、力量不足から今まで諦めてました。

ヒレ全開・ピンバッチリ・全身バッチリ!
でもハレーション・・・・・・
慣れない被写体だとストロボの向きまで気にしてらんない。
こいつを追っかけるkazuさんすげー。



この他の水中写真は本家gecko's houseで!
gecko_banner3.jpg

◎  二重寄生野郎 【ムラサキミノウミウシ】 

100709_03.jpg
SP-560 PT-037 UCL-330 + PCU-01 YS27DX
絞り優先 F4.3 SS1/160 ISO100 ±0
井田 井田ビーチ 10/07/09


巻貝の表面には、カイウミヒドラというヒドロ虫が寄生していることがあります。
このムラサキミノウミウシは、そんな寄生野郎のカイウミヒドラを餌とするため、巻貝に着生しているカイウミヒドラに二重寄生しているちゃっかりもの。

ところが今回はただの岩、海藻の上に乗っかっていました。
体長2mmほどのこいつを見つけたときは大興奮。
主役ヨシ! 背景ヨシ! ポジションヨシ! の3拍子揃った被写体ってそうそうお目にかかれないんですよね。
何しろお立ち台(古い)みたいなとこに乗っかってるわけですから、シャッターチャンスもいいところ。


100709_05.jpg
SP-560 PT-037 UCL-330 + PCU-01 YS27DX
絞り優先 F4.4 SS1/250 ISO100 ±0
井田 井田ビーチ 10/07/09


正面からも。
体自体が小さいからってこともあるけど、体に対して触角が大きいから、こんなにかわいく見えるんでしょうね。


100709_04.jpg
SP-560 PT-037 UCL-330 + PCU-01 YS27DX
絞り優先 F4.3 SS1/200 ISO100 ±0
井田 井田ビーチ 10/07/09


アングルを変えてみたら何故かこんなにスッキリ背景に。
これは・・・ レタッチでイジレ! と言われている様な物!
やってみるか!





この他の水中写真は本家gecko's houseで!
gecko_banner3.jpg


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。