gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  ギンギラギン 【ヤマブキハゼ】 

P1267350.jpg
このヤマブキハゼ、婚姻色でずーっとホバリングしてました。
真上ではベラがやっぱり婚姻色だしてビュンビュン泳ぎ回ってたから、
それに触発されたんかな。



スポンサーサイト

◎  スヌートもどき 【ホテイベニハゼ】 

P1070879.jpg
マメボヤが好き。
特にこの中身? がコイルみたいにクルクルしてるやつが好き。
でも生き物が絡みそうで絡んでないことが多いからちょっと残念。

この写真、スヌートっぽいけど実はストロボの向きがどうにかなってたせいでこうなりました。
ホヤ一個とハゼだけで電球ピコーン! を是非やりたいです。



P1070882.jpg
こっちが普通にストロボ当てたバージョン。



◎  ひとちがい 【クロユリハゼsp】 

P1131537.jpg
ハナハゼは南のほうに行くほど尾鰭の伸長が短くなるらしい。
だもんでこいつを見たとき、
「おお~、セブのハナハゼは両端の2本しか伸びへんのか~、おもろいなあ」
なんて思ってたんですが全然別種でした。

ハナハゼと同じクロユリハゼ属の一種だそうで、勿論和名もついてません。
そういや波左間のハナハゼも活性があがってきて、立派な尾鰭をたなびかせて泳いでます。
水温が上がってくると一面ハナハゼだらけになるエリアもあるので、今から楽しみ。



◎  Dancer in the Dark 【クロユリハゼ】 

P1236580.jpg
最近なんでもかんでも写真に撮るの苦手だなあ、と思うようになって来ました。
このクロユリハゼ系もかなり苦手だった魚だったけど、気合と言うの名の息こらえでなんとか撮影できました。

近づいた分だけどんどん逃げるこいつらにはいつも往生させられてるけど、
息を止めてジリジリ寄っていくとなんとか撮影できる距離にまでつめられます。
ただ、詰められてもピント合わせてる間にもう息苦しくなってきてまうんですが。



P1152016.jpg
こいつは例の『アホになってた』個体。
ヒレ全開のまんまずーっと漂ってました。
しかし黒いはずのとこが黒くなくなってるやん。
ネットで検索してみるとけっこうこういうのも出てきますけど、なんなんでしょうね。



◎  嘘吐き 【ヒレグロフタスジハゼ】 

P1267271.jpg
昨日も書いたけどセブはオキナワハゼのなかまがいっぱい。
このヒログロフタスジハゼもすっごい珍しいヤツだけど、ナイトでポイント選べばそこそこ見つかるという。
最近は写真撮るよりもこういう珍種を見つけるほうが楽しくなってきた。



P1267287.jpg
タイトルの『嘘吐き』だけど、こいつもTHEフタスジハゼも、筋は3本入るのに何故かフタスジ。
命名した人アホなんちゃうか。




back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。