gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  塩ビームライフル用集光レンズ 

s-P5291552.jpg
調子に乗って作ってみました。
ボールペンの軸を使用したアタッチメントは、光量が圧倒的に弱く使い物にならなかったため、ライト用の集光レンズと同じようにアイルーペを使っています。

ストロボだとライトと違って焦点という概念がないため、とりあえず先っちょにつけとけばレンズの役割を果たしてくれるので設計は楽チンでした。

以下試写。
対象からスヌートの出口までの距離、ストロボの光量、カメラの設定は同じです。
目盛りはひとつ1cm。


●距離:30cm

塩ビームライフル素    細アタッチメント    集光レンズ
s-P5291528.jpgs-P5291529.jpgs-P5291530.jpg



●距離:15cm

塩ビームライフル素    細アタッチメント    集光レンズ
s-P5291534.jpgs-P5291534.jpgs-P5291537.jpg



●距離:5cm

塩ビームライフル素    細アタッチメント    集光レンズ
s-P5291538.jpgs-P5291539.jpgs-P5291541.jpg




僅かですが光軸が細くなり、周辺光が減って輪郭がはっきりした感じになってます。
また、レンズを使用しているので離れても光量を稼ぐことが出来るようになりました。
使えるかどうかは実際やってみないとわかんないけどね~。

COMMENT FORM

こうやって試行錯誤するのも、機材自作の楽しみのうちですね。
高い市販品に負けないか、市販品に勝ってるものを自力で作れれば嬉しいですよね~。
シャーペンビームライフル、水中で紛失しました。。

2014/05/29(木) |URL|のんべぃ [edit]

>>のんべぃさん
かゆいところに手が届くのが自作の醍醐味ですからね~。
ただ、携帯性に劣るのが悔しい。

2014/05/30(金) |URL|DI [edit]
  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://geckoshouse.blog80.fc2.com/tb.php/1310-3b99124c


back to TOP