gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  スヌート水中写真の極意⑤ ハレーションの抑え方 

スヌート水中写真の極意

第5回、スヌート水中写真の極意~!
MDに掲載してもらったのに、検索からの流入がさっぱりですごくかなC。
ついでに下戸之屋の売り上げも最近さっぱりでやっぱりかなC。

今回は、下戸之屋のお客様から質問のあった
『スヌート撮影時のハレーションの抑え方』をやってみたいとおもいます。

スヌート撮影では光軸が細いので、通常のストロボ撮影よりもハレーションは起こりずらいですが、周りが暗くなる分起きてしまったハレーションは非常に目立つことになります。




①光源を被写体に近づける


ライトやストロボの光はビームではなく拡散光なので、
被写体から離れるほどに光の当たる面積が大きくなってしまいます。
光がより広い面積に当たれば、ハレーションを起こす面積も大きくなってしまうので、
できるだけストロボやライトなどの光源は被写体に近づけましょう。



②光源の向きを調整する


被写体に向けるストロボやライトの向きにも気をつけましょう。
正面から当てようとすると、通常の撮影と同様、ハレーションを起こしやすいです。

通常撮影ではありえないことですが、光源がレンズの方向に向いてしまうと
強烈なハレーションを引き起こしやすいので、意図的にライトの向きを
レンズに向けたいときには注意しましょう。



③自然光をカットする


周りを暗く落としたいときにカメラの露出を下げると、
反動としてストロボの光量を大きくしなければならなくなります。
そうするとゴミに反射する光も強くなるため、ハレーションの原因になります。

自然光をカットすることができれば、無駄に光を強める必要もなくなるので
ハレーションが起こりにくくなります。



④レタッチ


最後の手段!
ていうか、周り真っ暗に落とすスヌート写真なら、ハレーション取り放題。
せっかく撮った写真ですから、きれいにして世に出してやりましょう!





COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://geckoshouse.blog80.fc2.com/tb.php/1413-d2f8bd3d


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。