gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  フリーソフトで水中写真編集② 眠たい写真をクッキリさせる @GIMP 

retouch.jpg

第2回は眠たい写真をクッキリさせる! ということらしいです。
まず眠たい写真とは何かというと、コントラストが弱く、画面の中の明暗差が少ない写真のこと。
なんとなくメリハリがなくて、パンチの足りない写真がそのように呼ばれます。

水中写真の場合には
・被写体までの距離が遠い
・ストロボ光が弱い
・微小な浮遊物が多く、画面全体に被っている(泥地など)
このような理由で眠たい写真が出来上がってしまいます。

眠たい写真≒コントラストが弱い写真 という理解のもと、
トーンカーブ補正を使ってコントラストを上げてやるのが今回のミッションです。


1458.jpg





★トーンカーブ補正の基本
 これさえマスターすればだいたいOK


さて、まずはトーンカーブとは何ぞや、ということを説明したいと思います。
結論から言ってしまうと、トーンカーブは画像の明るさを調整する機能を視覚的にわかりやすくグラフにしたものになります。
似たような機能にレベル補正や明るさ・コントラスト補正などがありますが、これらよりも直感的に使え、更に効果も一目瞭然にわかりやすいのがトーンカーブの特徴。


トーンカーブウィンドウ
1458a-1.png

赤字で書いてあるシャドウとは画像の暗い部分、逆にハイライトとは画像の明るい部分を指します。
シャドウとハイライトの間の帯域は、中間色と呼ばれています。

青字で書いてある横軸の入力レベルとは元画像の明るさ情報、縦軸の出力レベルとは補正後の明るさ情報を指し、左下から右上に走る対角線が現在の明るさ分布を表すトーンカーブです。
左下から右上までまっすぐ直線で伸びているのは、まだ補正前で暗いところは暗く、明るいところは明るく、と全く手を付けていないことを示しています。

チャンネルという部分には明度・赤・青・緑・アルファの5種類の項目が並んでいますが、明度は画像全体の明るさを調整し、赤・青・緑の各チャンネルはそれぞれの色の濃淡を調整できます。
アルファは透明度情報を調整する項目なので、写真編集で使うことはないでしょうから気にしなくて結構です。


1418a-2.png

使い方は簡単。
明るくしたければ画面をクリックしたまま上に引っ張るだけ。
逆に暗くしたければ下に引っ張るだけ。
たったこれだけで画像全体の明るさを管理できるので、ちょっとオーバーだな、とかちょっとアンダーだな、くらいの補正はこれひとつで十分なくらい。


1418a-3.png

このようなカーブをつくれば、暗いところはより暗く、明るいところはより明るく、という編集も自由自在。
とても簡単でいて、非常に強力なツールなのでレタッチはこのトーンカーブ補正からマスターしていきましょう!



★トーンカーブをいじってコントラストを調整する
 トーンカーブの最も基本的な使い方


1458-1.jpg

今回例として使用する写真はこちらのニュウドウダテハゼyg。
ドロッドロの泥地にいるので、常に泥の微粒子が海底付近に漂い写真が白っぽくぼんやりしてしまっています。
写真全体に半透明の膜を張っているようなものなので、白いところは変化ありませんが、黒いところが白っぽく見えてしまい、結果としてコントラストが低下してしまっています。


1458-2.jpg

ツールバーから
色 > トーンカーブ
を選択します。
実を言うとトーンカーブの上の方に 明るさ・コントラスト という項目もあるのですが、こちらは微調整がしにくいのであえてトーンカーブを使うようにしましょう。


1458-3.jpg

するとこのような別ウィンドウがポップアップしますので、
チャンネル → 明度
カーブの種類 → なめらか

を選択します(デフォルトでこの値になっていると思われます)。
今回はコントラストを上げることが目的なので、ハイライトはそのままの明るさを保ちつつ、シャドウをより暗くしていきます。

具体的には横軸を3分割し、左から1/3くらいのシャドウ側を引き下げ、左から2/3くらいのハイライトを基準の直線付近まで持ち上げるS字カーブを描いています。
通常の場合ですとほぼこの例と同じくらいの補正をかけると適正な露出を得ることができるでしょう。


1458-4.jpg

出来上がった画像がこちら。
補正前に比べ、体の模様がくっきりと浮かび上がり、微小なキラキラした斑点もより存在感を増しました。





COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://geckoshouse.blog80.fc2.com/tb.php/1458-971b4299


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。