gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  フリーソフトで水中写真編集③ 締まった黒抜きを作る @GIMP 

retouch.jpg

第3回は、引き締まった黒抜き写真を作る!
シャッタースピードは最速、ISOも最低、F値もできるだけ絞ってみたけどイマイチ黒抜きし切れなくれ締まりがないなあ、なんてことはよくあります。
特に浅場だと自然光をカットしきれず、うすぼんやりと青みがかってしまいます。
また濁った海域であればハレーションで白い霞がところどころ乗っていたり、なんてことも。

前回に引き続きGIMPのトーンカーブ機能を使っていくのですが、ほとんどやってることは前回と変わりません。
ひとつのレタッチ方法で様々な結果にできる、ということを知っていただければと思います。


1459.jpg





★トーンカーブをいじって背景を真っ暗にする
 明るさの分布を理解しよう


1459-1.jpg

こちらの写真ですが、中層にいるエビを撮ったところいい感じで暗くはなったものの、もうひとつ黒レベルが物足りない。
そんな時にもトーンカーブ補正がすべてを解決してくれます。


1459-2.jpg

トーンカーブウィンドウを出したら、前回と同様シャドウを下げます
ただし今回は背景の黒だけを黒くしたいだけなので、かなりシャドウの端寄りを、一番下まで引き下げてください。


1459-3.jpg

あまり中間色寄りのところから下げてしまうと、このようにエビの透明な部分まで一緒に背景に溶け込んで消えてしまうので、プレビューを確認しながらいい具合のところを見つけましょう。


1459-4.jpg

いいポイントを見つけてシャドウを下げたら、一緒に下がってしまった中間色を上に引き上げます
これで背景を完全に真っ黒にすることができました。



★スポイトとブラシを使ってチリを消す
 背景と同じ色でチリを上書き


1459-5.jpg

ついでなので映り込んでいるチリも消していきます。
背景が真っ黒なのでとても簡単。
左側のツールボックスからスポイトツールを選び、背景の黒い部分をクリックし背景の色をコピーしたら、ブラシツールでチリを上から塗りつぶしていきましょう。


1459-6.jpg

こちらが出来上がり。
エビ以外は全部真っ黒になってビシっと締まった写真になりました。





COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://geckoshouse.blog80.fc2.com/tb.php/1459-3ae0913b


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。