gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  各社DCを比べてみた @2017年 

前回アルゴリズムによって各社の傾向を調べてみたところ、ビュールマンモデルを採用するメーカーをピックアップできたので、各社の製品を比較してみたいと思います。

今回ピックアップした製品は

・ビュールマンモデル採用
・MIXガス対応


この2点を満たしたものになっています。
ほいでそれらをなんか色々見繕って使いやすそうなDCに目星をつけとこうという記事です。
何しろTUSAのIQ1201、2つとも死亡したので新しいDCを手に入れにゃならんのです。



  
メーカー TUSA AquaLung S-Pro
機種名 iq1204_wbl.jpg
IQ1204
I450.jpg
i450T
aladintec3g.jpg
Aladin Tec 3G
sproM1.jpg
M1
アルゴリズム
ビュールマン
ZHL-16C改 
ビュールマン
ZHL-16C改
ZHL8 ADT MB ZHL8 ADT MB
ガス切替 4 3 3 3
自己電池交換 ソーラー ×
定価 100,000 115,000 open open
実勢価格 55,000 75,600 63,420 42,000
  






●TUSA IQ1204


ソーラー電池で電池交換不要のメリットは大きいですが、以前のレビューでも触れたとおり視認性・機能性に大きなデメリットがあるため個人的には除外。
でもごくごく普通のダイビングをする方ならプロアマ問わず使いやすいDCです。

ちなみにB-ismは同じモジュールを使ったDCを発売していますが、2017年に至って未だPDFカタログという時代遅れも甚だしい製品サイトでムカついたので除外しました。



●AquaLung i450T


ちょっとお高いですが自分で電池交換できるというメリットはなにものにも代えがたい大きなアドバンテージです。
表示もそこそこ見やすそう。
ただ、ディスプレイがどうもTUSA IQ1201と似通っており、内部モジュール製造元が同じという危険性をはらんでいます。



●ScubaPro Aladin Tec 3G


3ガスチェンジ、ユーザー電池交換可能、ビュールマンモデルと機能面では言うことなし。
でもでかい。厚い。
しかもでかい割には文字ちっちゃくて見づらい。
う~む実に惜しい。



●ScubaPro M1


ガスチェンジはできるけどユーザー電池交換が不可能。
ここが一番ネックになってしまいます。








どうもどれもこれも痛し痒しって感じでしっくりくるものが見つかりません。
正直参った。



いろんなDCを40mに持って行って比べてる動画



COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://geckoshouse.blog80.fc2.com/tb.php/1479-90bc6cf9


back to TOP