gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  次世代に向けて・・・ 

色々と調べているうちに気になってきたのがコレ。
富士 FinePix S9100
ネオ一眼という新たな可能性です。
レンズ交換不要で28mm~300mmまでカバーするコンデジのよさと、一眼の使い勝手、絵作りのしやすさの両方を兼ね備えたカメラのようです。
5818395<br />0.jpg


しかしこれは水中撮影には現時点では向いていない感じを受けます。
その原因が、ズーム時にレンズがせり出してしまうこと。
レンズがせりだすということは、必然的にハウジングのポートを長くする必要があります。
その長いポートを単なる筒にしてしまうと、広角撮影でケラレてしまいます。そこでポート径を広くする必要が出てくるのですが、さてさてどのくらい太くすれば済むのか。
ともあれ今後の発展に期待です。



そしてもうひとつ、もうちょっと現実的に水中撮影にもっていけそうなのが、CANONのPowerShot S5 IS。

70170882.jpg


スペックはこのクラスの望遠デジカメでは標準的ながらも、ズームのかかり具合がえらく速い! SP550の倍くらいの速さでレンズが動いてくれます。
また合焦性能もなかなかのもので、かなり気になっている機種です。
しかし純正ハウジングは出ていなく、対応機種を待つか、オーダーで作るかといったところ。
ところがCANONのハウジングはシャッターが押しボタン式、ポートにレンズマウントがついていないといった致命的な欠点があるので撮影に向いていない。


そんなわけでハウジング作成のproofさんに問い合わせてみたところ、ハイエンドコンデジクラスではフルスペックオーダーで15万くらいかかるとのこと。
こいつぁいてえや。

COMMENT FORM

コンデジならPoewr Shot G9が結構いい感じ。
6倍ズームで、かなりの高性能です。
この前機種のG7は海での撮影の色合いがかなりいいです。被写体に対するピント合わせも早いですし。
液晶も3.0。

ただし…


ハウジングがイケテナイ…。

ポートが四角って(汗)
色々調べたら、アームにマウントのようなものをつけて、イノンのマクロレンズはつけられるとのこと。

でも、そこまでするなら一眼がいいかあ。

2007/10/10(水) |URL|ocean diver [edit]

そうなんだよね~。
オリ以外のハウジングって、心底使えない。
なんだろ。談合でもあるのかね。
私は今更マウント買ってレンズも買い換えてをするなら次からオーダーしちゃいたいなと思ってます。

2007/10/11(木) |URL|DI [edit]
  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://geckoshouse.blog80.fc2.com/tb.php/226-3ea8da46


back to TOP