gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  Cカードのランクは果たして必要なのか? 

Cカードにはいろんな種類がありますよね。
OW,AD,RC,DM,IR・・・
主要なもので5種類。
さてこの5種類のカード、本当に5種類も必要なのか? ということを考えてみたいと思います。

まずOW、そしてIRは必要ですわな。
教える側と教わる側、これはまあ前提条件です。
そして今回スポットをあてたいのはアドバンス。
結論から言うと私はADなんて必要ないだろうと思ってます。
通常のレジャーダイビングで必要な知識・技術はOW講習で習得できます。
逆に習得できないとなれば根本的にカリキュラムの設定に問題があるか、イントラ又は講習生に個人的な問題があるとしか考えられません。
そらそうです、OWって本来バディ潜水が可能となるランクのはずですから。バディ潜水ができそうにない人間を認定すると言うのは、本来ありえない行為のはずです。(現実には力量の及ばない状態でダイバーとして世に放たれるわけですが、そこは今回すっ飛ばしていきます)
ということは、OWは一人前のダイバーということです。

さて晴れて一人前のダイバーになった人が、更に成長するためにアドバンスを受けるとします。
OW以上の知識・技術ってなんでしょう?
ナビゲーションてOWでやらないですか? ドライて冬になったらやらないですか? ボートなんて当たり前でしょ? 水中スクーターなんてどう考えても遊びやん。
どれもこれも普通のファンダイビングの中で習得できるものばかりなんですよね。
そらナビゲーションはプラプラガイドに付いてまわってるだけじゃ覚えませんよ? でもそんな人は講習受けても覚えません。
要するに新たな知識を欲しいと思う人は、何もせんでも覚えていくし、覚えられんかったら自分で勉強するわけです。

OWで損したことありますか? ADとって得したことありますか?
ないでしょう。
OWは18mまでしか潜れない、と勝手に決まってますが、あんなもん根拠もなんもありません。百歩譲って18mが危険と安全のボーダーラインだとしても、たかがAD講習を受けたくらいで解除されてしまう根拠が逆に見つからなくなります。

現実にもADを持つことでダイビングスキルが上がったやつを知りません。知ってるやつではAD持ってるのに減圧症に2度もかかりました。ダイブテーブルも読めません。
何がいいたいかというと、ADというランク自体が形骸化しているということ。
ただのおかざり、ステータスに成り下がってしまっているんですよね。
消費者が悪いと言うより業界がそういう売り方をしてきたところが大きいんですがね。
律儀にもPADIのマニュアル通りOWは18mより深くは潜らせないショップ等もあるそうですが。
しかし、AD程度の知識・技術であれば、そのお金でファンダイビングを沢山したほうがよっぽど上達します。
今の世の中情報は掃いて捨てるほどありますから。
この戯言も、掃かれて捨てられる程度のものです。
私自身掃き捨てる気分で書いてますんで、さらっと流してくださいまし。

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://geckoshouse.blog80.fc2.com/tb.php/242-abd18a78


back to TOP