gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  被写体へのアプローチ:ハゼ編 

今日は趣向を変えて被写体への寄り方を書いてみます。
と言ってもここへ来てくださる常連さんは私なんかよりそんなこと熟知してると思いますがw
第一回目はハゼ編。二回目以降があるのかは知りません。


今回は、一般的な底生性のハゼについて書いてみます。

まず、こいつらは非常に警戒心が高いです。
もっぱら尾鰭を巣穴に突っ込み、周囲をうかがっています。
そのため普通の魚とは違ったアプローチが必要になってきます。
しかしその技は他の被写体へのアプローチにも通じ、マナーも同時に学ぶことが出来るので、しっかり覚えておきましょう。


【第一段階:着底】
まずは撮影体制に入らなければなりません。
とはいえ警戒心の高いハゼですから、目の前にそのまま降りてしまっては、カメラを構える暇もなくひっこんでしまいます。
そこで最初は大体2mほどはなれたところから、砂を巻き上げないように静かに着底します。
巻き上げた砂の影響を最小限にするため、流れがある場合には下流から、斜面の場合は下側から接近します。
着底したら、BCのエアを完全に排気し、体を安定させます。


【第二段階:観察】
いつ引っ込むかわからない被写体相手、すぐにでもカメラを構えたいところなのですが、急いてはいけません。
大きな動作をしてしまうと、距離があっても隠れてしまうことが多々あります。
そこで、ハゼの様子を観察してみましょう。
・共生エビは出ているか
 ハゼは危険が迫るとまず合図を送ってエビに隠れるように指示します。
 もしエビが巣穴の工事のため頻繁に出入りしているようなら、すぐにひっこまれる心配はありません。
・動作
 口を開閉していたり、ちょこちょこと動き回っているときは、警戒心がほぐれています。
 逆に背鰭をピンと立てて微動だにしないときは、かなり警戒しているサインです。
・まわりの環境
 よくあるのが、ヒメジやヒラメの襲撃。
 ヒメジレベルになるともうどうしようもないのですが、小さなヒラメなどが自分から逃げていく
 うちにハゼをひっこませてしまうと、悔やむに悔やめません。
 また、どういう写真を撮りたいか、撮れるかは環境に大きく左右されます。
 しっかり観察しておきましょう。


【第三段階:押さえ】
観察が終了したら、ゆっくりとカメラを構えましょう。
被写体を見つめながら、警戒されないスピードで撮影位置まで持ってきます。
無事にカメラを構えられたら、その場で一枚押さえます。
s-PB010075.jpg

ストロボが届くギリギリの距離から、素レンズ、ズームを駆使して証拠写真程度のものを撮りましょう。
ここでは絵作りは考えず、じりじりと、虫の這うような速度で近づきながら何枚も撮っていきます。
証拠写真の量産になってしまい意味がないと思うかもしれませんが、とっても重要。
なぜなら生物は強い光に驚きます。
人間だっていきなりフラッシュ焚かれたらびっくりします。
そこで、遠い位置から少しずつストロボの光に慣らしていく作業が重要になってくるのです。


【第三段階:さらなる接近】
s-PB010076.jpg

この辺からはもうウミウシ並みの移動速度になってきます。
5cm進むのに神経を研ぎ澄ませていかなくてはいけません。
フィンを使うと進みすぎてしまうので、ヒジやヒザを使って、匍匐前進です。
手で砂をつかむように移動してしまうと、砂が大量に巻き上がるで注意が必要です。
ここでもやはり押さえを多用します。
この辺りから、ヒレを立てて警戒態勢に入るようになりますが、それでも辛抱していると、警戒を解いてホバリングを始めることが多いです。
距離としては60~50cmほどでしょうか。
私の使うC770だと、このあたりでUCL330を装着します。


【第四段階:さらにさらに接近】
s-PB010084.jpg

ここまで来ると、ハゼも多少落ち着いてきます。
派手な動きをしなければ、安定して写真を撮ることができるでしょう。
アップを狙うならばこの位置です。
距離は20~30cmほど。
しかし、カメラの設定やストロボの向きの調整などには細心の注意が必要です。
左手を上げたとたんにひっこむこともよくあるので、ゆっくり、慎重に行います。


【第五段階:アホほど接近】
s-PB010131.jpg

普通は第四段階くらいの距離で撮影するのが限界ですが、たま~に図太いやつも存在します。
この写真はなんと撮影距離5cm。
コンバージョンレンズも高倍率・近接撮影用のPCU-01です。
しかし、このくらいの距離になるとストロボ一発でさすがに引っ込みます。
しっかりピントを合わせて、一撃必殺でしとめましょう。
また、複数人で囲んでいるときは、一人の先行が多大な迷惑をかけることになるので、自重しましょう。


【最終段階:去り際は美しく・背中で泣いてる男の美学】
満足いく写真が撮れたからと言ってそのまま浮上するのは最悪です。
特に他の撮影者がいる場合には、ハゼを引っ込ませないように、寄るときと同じくらいの慎重さが必要です。
さもないと黒スーツに身を包み、イチガンカメラを構えた怖いオジサマに水中で睨まれることになってしまいます。
まずは匍匐後退。
ヒジ。ヒザを使って、最初に着底した位置まで後退しましょう。
勿論砂を巻き上げないように、そして背後の別の生物にも気を配りつつ。
安全な距離まで後退したら、排気していたBCに給気し、ゆっくりと離脱してください。





そんなわけで今更な知識ですが、カメラを始めたばかりの方には役に立つはずです。
次はどんな被写体について書こうかな。

被写体へのアプローチ②:スズメダイyg編

COMMENT FORM

おひさ~です。

いや、皆さんには「今更な知識?」かもしれませんが、勉強になります。

そうだよね・・・いらちな私は、この辺のつめが早いんだわ。(^^;)

2007/11/26(月) |URL|ムテッポウエビ [edit]

>>ムテッポウエビさん
遅レスですみません。
お役に立てましたでしょうか?
今後こういうのを少しづつやってくのもいいかな~なんて思ってます。
というか最近ネタ切れで・・・
しかもやる気も切れてて・・・

2007/11/29(木) |URL|DI [edit]
  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://geckoshouse.blog80.fc2.com/tb.php/262-4830c283


back to TOP