gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  ベニカエルアンコウ 

izuooshima2-35.jpg

C-770UZ PT-022 3.5T改-メガ放射砲- 内蔵ストロボ
絞り優先 F3.2 1/80 ISO64 ±0
伊豆大島 秋の浜 08/10/30


今日のお魚はダイバーに何故か人気のベニカエルアンコウ
名前がつい最近変わったことでも有名ですね。
私はやっぱりイザリの方が愛着があるし、言いやすいんで未だに行ってますが・・・
実は私はベニちゃんは嫌い・・・基、苦手なんです。
なんでかっていうと、彼らは必ずといっていいほど岩肌にべったりくっついちゃってるんです。
なので普通に撮ろうとすると背景に隠れてワケワカメ。

s-PA300537.jpg

こんなんんいなっちゃうんです。
岩にべったりなもんだから、アングルも非常に限られちゃうわけで、意外と面白く撮るのが難しいお魚なんです。

このカエルアンコウ(やっぱイザリの方が良かったなあ)の仲間、なかなかFW初心者のうちは区別が難しいです。
簡単に見分け方を言うと、

THEカエルアンコウ:体が丸っこい。背鰭が薄い。
ベニカエルアンコウ:体が横に平べったい。背鰭が厚い。
イロカエルアンコウ:体はTHEとベニの中間くらい。背鰭が厚い。


ってな感じです。エスカがそれぞれで独特の形をしてたりしますが、いつも出してるわけではないので割愛。
ちなみに生息域は、THEカエルは砂底、ベニカエルは岩礁域の岩壁、イロカエルは岩礁域のトップ部分にいることが多いです。
それぞれ棲み分けているようなので、見た目より生息地で区別した方が簡単かもしれませんね。

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://geckoshouse.blog80.fc2.com/tb.php/356-b1eda5dd


back to TOP