gecko's blog

水中写真でコンデジの限界に挑戦!

◎  子供のころのアブナい遊び 

唐突に思い出したので。

私がまだ小学校2年生ぐらいだった頃、友達数人と近所の公園で遊んでいました。
砂場で山を作って、そこに石とか投げつけて破壊してはまた作り、また破壊する・・・という今考えても明らかに生産性のない遊びをしていたわけです。
そのうち、友達の誰かがゴミ拾いに使う馬鹿でかいトングみたいなヤツを持ってきて、それを投げ始めました。
まあ最初のうちは砂山にザクザク刺さったりして面白かったんですけど、私が砂山を補修しに向ったとき、悲劇は起こりました。

一番仲の良かった友達が投げたトングが、見事私の頭にクリーンヒット。
一瞬衝撃でグラっとしましたが、それだけ。
全然痛くないしヘイキだーとか思ってたら、回りが「キャー」だの「わー」だの言ってて、
私の姉が「血がーいっぱいでてるー」とか言ってるわけです。
もうね、アホかと。バカかと。
もうやたらダラダラ出てる。
トング投げた本人は泣き出すは、他の子たちも大混乱。
まあとりあえず痛くもなんともないんで、一人だけ冷静に水道で頭流してたんですが、そのうち誰かが双方の親を呼んできて、病院に連れて行かれました。

とりあえず一針縫ったんですが、頭の毛を剃られました。
剃ってくれたのが看護婦さんだったんですけど、やたらへたくそにジョリジョリやるもんだからそっちの方がたまらなく痛かったです。
あと、パンツ下ろされてお尻に注射打たれたのも痛かったです。
そして恥ずかしかったです。

でも夜にトング投げた子の家族全員が御見舞い&謝罪に来てメロンくれました。
おいしかったです。


COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://geckoshouse.blog80.fc2.com/tb.php/56-64acf9ec


back to TOP